Rubyでdirをrequireする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでdirをrequireする方法について解説しています。requireは外部ファイルを読み込むときに使用されます。Fileクラスのdirnameメソッドを使ったdirでのrequireの方法を学習しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyでdirをrequireする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

dirをrequireする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

requireとは

requireとは、プログラムの塊であるモジュールやクラスを別のファイルに読み込んで利用できるようにする機能です。

requireはRuby以外のプログラミング言語でも使われており、特定のモジュールを呼び出す構造を作っておくことにより、修正や値の変更などを行いやすいようにしています。

通常時によく使われるのは、組み込みライブラリ以外の標準ライブラリを読み込む場合です。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

dirでrequireする使うメリットと使われるケース

requireは通常、特定のファイルやライブラリを呼び出して別のファイルで使用していきますが、それぞれのファイルをrequireでまとめて呼び出すことで効率よく既述することも可能です。

また、複数のファイルの出力結果を確認する場合にも、まとめて同時に確認できるため便利です。

 

dirでrequireする方法

この場合にはFileクラスのdirnameメソッドを使用します。

ディレクトリ名を指定しますが、その中にあるファイル名は*(アスタリスク)はワイルドカードとして使用できるので、「*.rb」として記述をして指定します。

これをブロックで既述することで、まとめて呼び出しをすることが可能となります。

 

実際に書いてみよう

(sample/test1.rb)

puts test1

(sample/test2.rb)

puts test2

(sample/test3.rb)

puts test3

(/test.rb)

Dir[File.dirname(__FILE__) + '/sample/*.rb'].each do |file|
  require file
  end

 

まとめ

結果としてtest1,test2,test3が出力されます。

順番通りにならない場合は.eachの前に.sortを記述することで、順番に出力されるようになります。

今回は単純なputsで出力しているだけですが、ファイルごとにメソッドを記述している場合はディレクトリごと呼び出せるのは非常に便利です。

まずは概念をしっかりと理解をしていきましょう。

 

監修してくれたメンター

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。
現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。
WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。