JavaScriptのmatchメソッドで後方参照する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのmatchメソッドで後方参照する方法について解説しています。matchメソッドを使うと正規表現による文字列の検索を行うことができます。後方参照を行う場合の書き方を覚えましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのmatchメソッドで後方参照する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

matchメソッドで後方参照する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

matchメソッドの使い方とできること

Stringクラスのmatchメソッドを使うことで、文字列が正規表現に一致するかを確認できます。また、正規表現を扱う、RegExpクラスを使うことで、動的に正規表現パターンを構築したり、柔軟な正規表現の操作が可能です。

これらを使うことで、一定の規則で作られた文字列のリストから、一部だけを抽出する、などの加工が可能です。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

matchメソッドで後方参照する方法

matchメソッドで後方参照するには、matchメソッドの引数に正規表現リテラルで、参照したい個所を丸括弧で括ります。
この際、複数括られている場合は左から順に番号が振られ、入れ子になっている場合は、外側から順に番号が振られます。

    'abcdefg'.match(/(a)b((c)(d))/);

これを実行した場合は、以下の配列が戻り値として返ります。
配列の最初には一致した文字列全体が、2番目以降に後方参照で該当した文字列が格納されます。

    [
      0: "abcd",
      1: "a",
      2: "cd",
      3: "c",
      4: "d"
    ]

 

実際に書いてみよう

データの加工を例に、matchメソッドの使用例を実装しています。
実際に書いてみて、どのような実行結果になるのか試してみましょう。

    const dataSet = [
        'message-id-0001',
        'message-id-0002',
        'message-id-0003',
    ];
    const dataNums = dataSet.map((data) => {
        const matches = data.match(/message-id-([0-9]{4,4})/);
        return matches[1];
    });
    console.log(dataNums.join(','));

 

まとめ

matchメソッドによる後方参照はデータの加工などでよく使われる方法となります。
matchメソッドやRegExpクラスで正規表現を使いこなすことで、効率よくデータを加工するプログラムを書けます。
文字列の加工が必要な場面がありましたらぜひ、matchメソッドをお試しください。

 

監修してくれたメンター

蜂谷 智志

Javaプログラマー・NW保守を経て、現在はウェブサイトの運用保守チームで開発サポートと分析業務に携わっています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。