Pythonのuncompyleモジュールの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのuncompyleモジュールの使い方について現役エンジニアが解説しています。uncompyleモジュールとは、処理の高速化のためにコンパイルしたpycファイルを元のpyファイルに復元するモジュールです。uncompyleモジュールの書き方や使い方について解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのuncompyleモジュールの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのuncompyleモジュールの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

uncompyleモジュールとは

処理の高速化のため、Pythonはpyファイルをコンパイルし、pycファイルを生成します。pycファイルはバイナリ形式で、機械(コンピュータ)による読み取りに特化しています。

通常、pyファイルからpycファイルへのコンパイルは一方向ですが、uncompyleは、pycファイルからpyファイルを復元します。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

uncompyleモジュールの使い方

以下のようにpipコマンドでインストールします。

pip install uncompyle6

インタプリタでインポートしてみて、エラーが出なければインストールは成功です。

>>> import uncompyle6

 

実際に書いてみよう

前提条件

以下内容のhello.pyファイルを作成します。

def hello():
    print('Hello')

インタプリタでhelloモジュールをインポート、実行します。

>>> import hello
>>> hello.hello()
Hello

上記操作により __pycache__hello.cpython-38.pyc というpycファイルが作成されました。

コマンド

以下のコマンドでpycファイルを逆コンパイルします。

uncompyle6 __pycache__hello.cpython-38.pyc

 

実行結果

# uncompyle6 version 3.7.4
# Python bytecode 3.8 (3413)
# Decompiled from: Python 3.8.5 (tags/v3.8.5:580fbb0, Jul 20 2020, 15:57:54) [MSC v.1924 64 bit (AMD64)]
# Embedded file name: C:UsersuserDocumentssrctechacademytmphello.py
# Compiled at: 2020-09-15 09:30:37
# Size of source mod 2**32: 38 bytes

def hello():
    print('Hello')
# okay decompiling __pycache__hello.cpython-38.pyc

以上の通り、hello.pyの内容が復元されました。

まとめ

この記事ではuncompyleモジュールを用いて、pycファイルを逆コンパイルする方法を紹介しました。

監修してくれたメンター

橋本紘希(はしもとひろき)

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。