Pythonにおけるcompile()の利用方法について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるcompile()の利用方法について解説しています。Pythonは通常コンパイルを行う必要はありませんが、compile()によって内部表現にコンパイルすることができます。使用する場面の例と書き方を見てみましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonにおけるcompile()の利用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

compile()の利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

compile()とは

compileとは、Pythonの組み込み関数の一つで、Pythonコードを内部表現(※)にコンパイルします。
(※)Pythonコードそのものよりも、機械(コンピュータ)での実行に適した形式です。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

compile()の使い方

・compileを呼び出すには、以下3つの引数(とオプション引数)を指定します。

compile(source, filename, mode)

・sourceはコンパイル対象とする、Pythonコード文字列です。
・filenameは通例<string>とします。
・modeはPythonコードの評価方法を示すもので、exec, eval, singleのいずれかです。
・詳細は公式リファレンスを参照してください。

 

compile()を利用してPythonコードをコンパイルしてみよう

ソースコードおよび実行結果

インタプリタで実行します。

>>> s = '''x = 2
... print("X is", x)
... '''
>>> compiled = compile(s, '', 'exec')
>>> compiled
<code object  at 0x0000022404BF0F50, file "", line 1>
>>> exec(compiled)
X is 2

解説

・Pythonコード(※)を文字列sとして定義しました。
・文字列sをコンパイルし、compiled変数に代入しました。compiledを評価すると、code objectという型になっていることがわかります。
・compiledをexec関数で評価すると、(※)を実行したのと同じ結果を得られました。

 

まとめ

この記事ではcompile関数を用いてPythonコードをコンパイルする方法を紹介しました。
一般のPythonユーザがcompile関数を使う機会はまずありませんが、Python言語自体の開発にかかわったり、Pythonの動作をより深く理解したりする際には有用な関数です。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希(はしもとひろき)

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。