Photoshopで自動で画像を並べる方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPhotoshopで自動で画像を並べる方法について解説しています。自動処理のコンタクトシートを使うと、複数の画像をまとめて一覧することができます。基本の手順を覚えましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Photoshopで自動で画像を並べる方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が初心者向けに解説します。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、Photoshopに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

自動で画像を並べる方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

コンタクトシートとは

複数の画像を一気に確認したい時に、画像のサムネイル画像を一覧にしたシートのことです。Photoshopのコンタクトシート機能を使うと、画像が保存されたフォルダーを選ぶことで簡単に作成することができます。

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

自動で画像を並べる方法

Photoshopで「ファイル」ー「自動処理」ー「コンタクトシート II」を選択します。

ダイアログボックスで、必要な設定を行います。

  • A.ソース画像:画像を保存したフォルダーを選択します
  • B.ドキュメント:コンタクトシートの単位、幅と高さ、解像度、モード(カラーモード)を設定します。必要に応じて「すべてのレイヤーを統合」オプションを選択します
  • C.サムネール:画像の配置方法を指定します
  • D.ファイル名を説明として使用:オプションを選択すると、画像のファイル名がラベルとして表示されます

「OK」をクリックし、コンタクトシートを作成します。

 

その他の便利な自動処理

自動処理には、コンタクトシート IIの他にも以下のような便利な機能があります。

 

まとめ

コンタクトシートは、画像をまとめて確認することができ便利ですが、サムネイル画像のサイズが小さすぎると、画像が確認しづらくなるため、用途に合わせ、指定する画像サイズを設定するようにしてください。

 

監修してくれたメンター

メンターOM

Webデザインの勉強のためロサンゼルスに留学。
その後、現地のWeb制作会社に就職し、Webデザイナーとしてのキャリアをスタート。

現在もロサンゼルスで働く傍ら、フリーランスのWebデザイナーとして、
アメリカだけでなく日本からのWeb制作も請け負う。
また、画像のリタッチが得意なので、しばしばリタッチの依頼も請け負う。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインブートキャンプ Photoshop講座を開催しています。

現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。