PythonでSQL文を扱う際のfetchall関数の使い方について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでSQL文を扱う際のfetchall関数の使い方について現役エンジニアが解説しています。SQLとは、データベースにデータの操作や定義を行うためのコンピュータ言語のことです。fetchall関数とはPythonのSQLライブラリの関数です。fetchall関数の書き方や使い方を解説します。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

監修してくれたメンター

nakamoto

アジマッチ有限会社代表取締役社長。書籍化歓迎。対応業務:PHP(Laravel)、機械学習、Vue.js、LAMP・AWS、越境EC、CTO、エンジニア採用、CTO、経営者の不安解決コンサルティング。

PythonでSQL文を扱う際のfetchall関数の使い方について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

PythonでSQL文を扱う際のfetchall関数を利用すると、取得したいデータをリスト形式に変換してくれます。

実務でも、PythonでSQL文を扱う際のfetchall関数を利用して、データをリスト形式で一気に取得するので、ぜひ学習してみてください。

目次

1時間でできる無料体験!

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでSQL文を扱う際のfetchall関数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

SQLとは

SQLとはStructured Query Languageの略で、データベースにデータの操作や定義を行うためのコンピュータ言語のことです。

データベースの操作を行うためにプログラム言語と一緒に使うことがありますが、SQLそのものはプログラム言語ではありません。

SQLを使ってデータベースを操作するときに使われる命令文のことを、Queryといいます。

SQLは使用するデータベースによっては細かい書き方の違いはありますが、一度覚えてしまえばだいたいどのデータベースも操作できます。

SQLで操作できるデータベースはリレーショナル・データベース(RDB)と呼ばれています。

RDBの例としては、MySQL、PostgreSQL、MariaDB、SQLiteなどがあります。

 

fetchall関数について

fetchall関数とは、PythonのSQLライブラリを使うときに使われる関数です。

PythonでQueryを実行するときには、execute関数を使って行います。

execute関数を使ってQueryを実行すると、取得できるレコードは1行ずつです。

レコードを複数行取得するためには、execute関数を使ったfor文で以下のように行う必要があります。

for doc in curs.execute('select * from table'):
    print(doc)

execute関数を使ったfor文を利用して、複数行のレコードを毎回取得することは効率的とは言えません。

そこで使われるのがfetchall関数です。

fetchall関数を使えば、execute関数を使ってfor文で取得していた処理を、リスト形式に変換してくれるので処理が簡単になります。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

fetchall関数の使い方

ここでは、具体的にfetchall関数の使い方を紹介します。

今回は標準ライブラリで使えるsqlite3を使っていきたいと思います。

sqlite3を接続するときには、以下のように書きます。

conn = sqlite3.connect('example.db')
curs = conn.cursor()

 

あとはexecute関数でQueryを使って、fetchall関数でリスト化するだけです。

fetchall関数を使えば、execute関数を使ったfor文の処理が次の書き方に変わります。

curs.execute('select * from table')
docs = curs.fetchall()
for doc in docs:
    print(doc)

行数は増えましたが、複数行のデータがリスト形式になるので処理としてはきれいになります。

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料相談 に参加してみませんか?

現役エンジニア・デザイナーに何でも気軽に相談できる30分すべて無料で できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

実際に書いてみよう

それでは、実際にfetchall関数でのデータ取得をサンプルコードを使って試してみましょう。

サンプルコード

import sqlite3

conn = sqlite3.connect('./example.db')
curs = conn.cursor()

# テーブルを作成
curs.execute("CREATE TABLE IF NOT EXISTS members (id INTEGER PRIMARY KEY, name TEXT)")

# レコードを登録
persons = [(1, 'Steave'), (2, 'Eric'), (3, 'Mike')]
curs.executemany("INSERT INTO members VALUES (?, ?)", persons)

curs.execute('select * from members')
docs = curs.fetchall()
for doc in docs:
    print(doc)

実行結果

(1, 'Steave')
(2, 'Eric')
(3, 'Mike')

解説

import sqlite3では、sqliteを利用するためのモジュールをインポートしています。

conn = sqlite3.connect(‘./example.db’)では、example.dbというデータベースに接続しています。

curs.execute(“CREATE TABLE IF NOT EXISTS members (id INTEGER PRIMARY KEY, name TEXT)”)では、members テーブルを作成しています。

persons = [(1, ‘Steave’), (2, ‘Eric’), (3, ‘Mike’)]では、レコードを登録する準備をするために、データを変数personsに代入しています。

curs.executemany(“INSERT INTO members VALUES (?, ?)”, persons)では、membersテーブルに変数personのデータを挿入しています。

curs.execute(‘select * from members’)では、membersテーブルを表示しています。

docs = curs.fetchall()では、fetchall関数を利用し、データをリストの状態で変数docsに代入しています。

for doc in docs:では、docsというリストから一つだけ変数docに取り出す処理を行っています。

for文で指定するため、docsというリストの中にデータが無くなるまで変数docに取り出す作業が続けられます。

print(doc)では、変数docを表示しています。

 

まとめ

今回は、SQLを扱うときに使うfetchall関数について紹介しました。

PythonでQueryを実行するときには、execute関数を使って行うことが多いです。

fetchall関数を使えば、execute関数を使ってfor文で取得していた処理をリスト形式に変換してくれるので処理が簡単でした。

リスト形式については、簡単なサンプル付き!Pythonでlistを使う方法も参考にしてみてください。

SQLを扱うPythonのライブラリにはだいたい入っている関数なので、役割を知っておくと開発がスムーズになります。

今回の記事でSQLiteライブラリをインポートしましたが、Pythonでimportを使う方法を参考にしてみてください。

 

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

1時間でできる無料体験!

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する