Pythonにおけるlambda()とmap()について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるlambda()とmap()について現役エンジニアが解説しています。lambda()とは無名関数のことで、map()とはリスト、タプルなどの要素に処理を行う関数です。lambda()とmap()の書き方や使い方を解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonにおけるlambda()とmap()について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonにおけるlambda()とmap()について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事ではPythonにおける無名関数lamda()と、map()関数を使ってリストの要素に処理を行う方法について解説していきます。

目次

 

無名関数lambda()とは

無名関数lambda()というのは、Pythonにおいて関数を作成するのに用いられるものです。

通常、Pythonでは、

def 関数名(引数):
    処理
    return 返り値

という形で関数を定義しますが、単純な処理を行なう場合は関数をこの方法で定義するのが大げさな場合があります。一方、無名関数lambdaを使うことによって、関数をdefを使うことなく、よりシンプルな形で定義する子ができます。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

組み込み関数map()とは

map()関数というのは、リスト、タプルなどの複数要素を持つデータ型に対して、それぞれの要素に同じ処理を行なうための関数です。

map()関数を使うことによって、for文などを使うことなしに、かんたんに複数要素を持つデータ型に対して処理を行うことができます。

lambda()とmap()の使い方

lambda()関数とmap()関数の使い方を説明します。lambda関数の使い方は、

lambda 引数: 返り値

という形で書きます。

関数名 = lambda 引数: 返り値

というようにすれば、defで定義したときと同じように関数を使うこともできます。基本的には、関数をdefで定義する場合と変わらず、

def square(n):
    return n ** 2

という引数の2乗を返す関数の場合は、

square = lambda n: n**2

という形で定義することができます。map()関数の使い方は、

map(関数, シーケンス)

です。第一引数にlambda関数を指定するか、

map(lambda 引数: 処理, シーケンス)

という形で記述することもできます。

第2引数のシーケンスは、リストやタプルなど、複数要素を持つデータ型のことです。この関数の返り値は関数を適用したシーケンスのmap型オブジェクトで、list()を用いてリスト型に変換することができます。。

lambda()とmap()を利用してリスト要素を操作してみよう

それでは、実際に無名関数lambda()やmap()関数を用いてリストの要素を操作してみましょう。

# map関数に渡すリストの生成
>>> sample_list = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]

# 無名関数lambdaを使って関数を定義
>>> func = lambda n: n%2

# map()関数を使ってリスト型に処理
>>> sample_list2 = map(func, sample_list)

# type()関数でmap()関数の返り値を確認するとmap型であることがわかる
>>> type(sample_list2)
<class 'map'>

# リスト型に変換して、表示して確認
>>> sample_list2 = list(sample_list2)
>>> sample_list2
[1, 0, 1, 0, 1, 0, 1, 0, 1, 0]

# map()関数の中でlambdaで定義することもできる
>>> sample_list3 = map(lambda n: n ** 2, sample_list)
>>> sample_list3 = list(sample_list3)
>>> sample_list3
[1, 4, 9, 16, 25, 36, 49, 64, 81, 100]

 

まとめ

この記事では、Pythonにおいてリスト型の各要素に処理を行うための方法を解説しました。lambda関数とmap関数の組み合わせは非常に便利ですので、使えるようになることをオススメします。

監修してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。