HTMLでテキストを改行する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLでテキストを改行する方法について解説しています。ここではbr要素とp要素のそれぞれの意味、用途と画面上での見え方をサンプルコードで説明します。各要素の適切な使い方を覚えましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLでテキストを改行する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもHTMLの記述方法がわからない場合は、HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプWebデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

テキストを改行する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

<br>要素での改行

<br>は「Break(改行)」の略で、使い方は改行したい箇所に<br>と挿入するだけで改行できます。そして<img>と同じく<br>には閉じタグが必要ありません。

ちなみに<br />と書いても改行は可能で、HTML5の場合はHTMLの構文もXHTMLの構文も両方許されますので、文法的には間違いではないですが基本的には<br />ではく<br>で良いです。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

<p>要素での改行

<p>のpは「Paragraph(段落)」の略で、<p>~</p> でひとつの段落を示しており段落ごとに<p>~</p>で囲うと文章を改行することができます。

※htmlの要素はすべてブロック要素 or インライン要素どちらかの種類に属していて、ブロック要素のタグで囲った部分には改行が入るので必ずしも<p>で囲わないと改行できないわけではありませんが、今回は改行する際に推奨されている<p>要素での改行を紹介しています。

主なブロック要素

  • h1〜h6
  • p
  • div

など…

 

実際に書いてみよう

<br>で改行する場合

サンプル1

<p>
  あいうえお<br>
  かきくけこ
  さしすせそ
</p>

#=>
あいうえお
かきくけこ さしすせそ

サンプル2

<p>
  あいうえお<br>
  かきくけこ<br>
  さしすせそ
</p>

#=>
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ

<p>〜</p>で改行する場合

サンプル1

<p>
  あいうえお
</p>
<p>
  かきくけこ
  さしすせそ
</p>

#=>
あいうえお
かきくけこ さしすせそ

サンプル2

<p>
  あいうえお
</p>
<p>
  かきくけこ
</p>
<p>
  さしすせそ
</p>

#=>
あいうえお
かきくけこ 
さしすせそ

 

まとめ

そもそも改行とは文字通り「行を改めること」で、その目的は行を改めることで読みやすい文章にしたり、WebページやWebシステムを作るさいには、きれいなレイアウトにすることです。<br>要素での改行と<p>要素での改行を適切に使い分けてきれいなレイアウトをつくれるように、ぜひコードを書きながら慣れていってください!

 

監修してくれたメンター

澤亀浩弥(さわかめひろや)

Webエンジニア。

開発実績等は勤怠情報管理システムの開発、地方銀行のプログラムの保守・運用、企業とインフルエンサーをマッチングさせるプラットフォームの開発。

25歳までプロ野球の世界を目指し独立リーグでプレー。

その後、某大手会社の製造業作業員として働いていたが毎日の単調な仕事よりもっとクリエイティブな仕事がしたいと思い友人エンジニアにプログラミング学習方法など教えてもらい独学で半年程学習した後、IT業界に転職し、現場経験を積んでフリーランスエンジニアとして独立。

現在はその経験をこれからプログラミングを学んでいく方に伝えていくためにより広い知識を勉強中です。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるオンラインブートキャンプWebデザイン講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。