Rubyのgemコマンドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのgemコマンドの使い方について現役エンジニアが解説しています。gemとはRubyのソースコードが書かれたライブラリのことです。Rubyのgemのインストール方法や使い方、gemのbundlerを使ったバージョンの管理方法などについて解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyのgemコマンドの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyのgemコマンドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

gemとは

gemとはRubyのソースコードが書かれたライブラリのことを指します。

このgemはそれだけでは実行されることはなく、既存の実行プログラムを拡張させる役割などで使われるものになります。

自分で最初から最後までプログラムを記述する手間を、gemを活用することで大幅に削減することが出来るようになります。gemはWeb上で探してインストールをする必要があり、また作成者や作成内容が不明なものも多いため一般的に良く知られているものや実績などを確認して使用する必要があります。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

gemコマンドの使い方

gemはまずインストールをし、それを呼ぶ出すことでgemを使えるようになります。gemは誰でも作成が出来、多くの種類があるため管理が大変になってしまいます。

バージョン違いのままでインストールしてしまうこともあるため管理をする必要がありますが、bundlerというgemをインストールをして管理することが出来るようになります。

実際に書いてみよう

(gemをインストールする場合)

gem install gem名

 

(bundlerをインストールする場合)

gem  install  bundler

 

(bundlerを使ってGemfileを作成する場合)

bundle init

 

(Gemfileに記述したgemをinstallをする場合)

bundle install

 

(gemの更新をする場合)

bundle update

 

まとめ

gemはいろいろな種類があり、バージョンなどの確認も必要です。

bundlerを使わなくてもgemは使用できますが、bundlerなどの管理ツールを利用することで便利になります。gemは自分で記述しなければならないコードを省略し大幅に開発時間を短縮してくれるため、積極的に活用していくと良いでしょう。

筆者プロフィール

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。
WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。