PHPの開発環境構築方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPの開発環境構築方法について現役エンジニアが解説しています。PHPの開発環境構築方法としてXAMPPをインストールして実行してみます。XAMPPの意味の解説やXAMPPのインストール方法、XAMPPの使い方、PHPプログラムを動作させる方法について解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PHPの開発環境構築方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPHPについてよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPの開発環境構築方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事は、XAMPPというツールを使用して、PHPの開発環境を構築する方法について解説した記事です。

PHPを勉強し初めたばかりという方でも理解できる内容になっています。

目次

 

PHPとは

PHPとは、Webページを動的に生成することができるサーバーサイドのプログラミング言語です。他のプログラミング言語と比較すると習得難易度が易しいスクリプト言語で、プログラミングを初めて行うという方でも習得しやすい言語といえるでしょう。

Webサイトを簡単に構築することができる「WordPress」もPHPで作成されたソフトウェアなので、PHPを習得することで、WordPressのカスタマイズを行うことができます。

[PR] PHPプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

XAMPPとは

XAMPP(ザンプ)とはPHPなどのプログラミング言語で開発したWebアプリケーションの実行に必要なソフトウェアをパッケージしたフリーソフトウェアです。

XAMPPは、

  • X(クロスプラットフォーム)
  • A(Apache)
  • M(MariaDB・MySQL
  • P(PHP)
  • P(Perl)

の頭文字を取って名付けられています。

WindowsやLinux、macOSなどのクロスプラットフォームで実行可能であるのが特徴で、ApacheやMariaDBなど、Webアプリケーションの実行に必要なソフトウェアがパッケージングされているので、XAMPPをインストールするだけで、PHPで開発したWebアプリケーションが動作する環境を作ることができます。

PHPの環境構築手順

PHPの実行環境を構築するために、XAMPPをインストールします。

まずは、XAMPPの公式ダウンロードページから環境構築を行うプラットフォームに適したインストーラーをダウンロードしてください。

※ 以下の手順は、Macでの環境構築をおこなった場合です。

ダウンロードが完了したら、インストーラーを起動して、XAMPPのインストールを行います。

/Applications/XAMPP というフォルダが作成されたかと思うので、その配下にある、「manager-osx」を起動させてください。

するとXAMPPの管理画面が開きます。「Manage Servers」を押して、アプリケーションの管理画面を開き、「Apache Web Server」をStartしましょう。これで、XAMPPでWebアプリケーションを動かせる状態が整いました。

お使いのブラウザで、http://localhostを開いてみましょう。すると、XAMPPインストールしたとき作成された /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/index.php にアクセスし、PHPプログラムを通して /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/dashboard 以下の内容が表示されるようになっています。

以下のような画面が表示されれば、PHPのWebアプリケーションを実行できる環境構築の完成です。

サンプルPHPファイルを実行してみよう

上記のPHPのWeb実行環境が構築できたら、上記環境でPHPプログラムを動かしてみましょう。

XAMPPのApache Web Serverはデフォルトで /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs 配下のプログラムをWeb上で公開するように設定されています。またこれは、http://localhost にアクセスした時表示するのは、 /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs 配下のプログラムということです。

http://localhost にアクセスした時、デフォルトで/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs 直下にある index.php を表示するようになっているので、このファイルを修正していきましょう。

index.php:

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>test</title>
  </head>
  <body>
    <?php echo"Hello World!"; ?>
  </body>
</html>
上記のプログラムは HTMLにPHPプログラムを埋め込む形で「Hello World!」という文字列をWebページに表示するというプログラムです。
http://localhost にアクセスすると以下のような画面が表示されると思います。

まとめ

以上、XAMPPを使用して、PHPの開発環境を構築する方法について解説しました。

XAMPPは簡単にPHPのWeb実行環境が構築できる便利なパッケージソフトです。特に実行環境に特別な要件がなければ、XAMPPなどのパッケージソフトで実行環境を構築することをおすすめします。

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもPHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプPHP/Laravel講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。