HTMLのimgタグにURLを設定する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLのimgタグにURLを設定する方法について解説しています。imgタグは文書内に画像を表示させるタグです。画像に別ページへのリンクを設定する場合の書き方と、imgタグを使う際の注意点を覚えましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLのimgタグにURLを設定する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもHTMLの記述方法がわからない場合は、HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプWebデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

imgタグにURLを設定する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

imgタグとは

imgタグとは、文章内に画像を表示させるタグのことです。画像はURLで保存されているファイルを指定することで表示されるようになります。

この画像の保存場所の指定は、SRC属性でおこないます。このSRC属性でのURLは画像の保存場所としてのパスなので、通常は画像が保存されているimgフォルダなどを指定していきます。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

imgタグにURLを設定する方法

ブラウザ上に表示された写真をクリックすると、別のwebページを表示させるようにすることが出来ます。これはimgタグにURLを設定することで実現できるようになります。imgタグをaタグで囲むように記述します。

(sample.html)

<p>
  <a href="https://www.google.com/">
    <img src="free.jpg" width="300" height="300" alt="フリー画像">
  </a>
</p>
上記のように記述すると、画像をクリックするとGoogleの検索画面が表示されます。

 

imgタグの注意点

imgタグはpタグやdivタグとは違い、閉じタグが必要ありません。imgタグにはalt属性というものがあり、画像が不具合などで表示出来ない場合に、画像の代わりにテキストを表示することができます。このalt属性は記述をしなくてもエラーとはなりません。

しかし、検索で上位表示をされるためのSEO対策としてはalt属性も記述する必要があります。alt属性は写真が不具合で表示されない場合や、目が不自由な方のための音声読み上げ機能などでも利用できるため、記述しておきたい項目です。

その他の注意点としては、RubyonRailsでアプリを作成した場合には画像の保存場所が意図した場所に保存されていないことが多くあります。

開発環境と本番環境で保存場所が変わる場合やURLが変わってしまう場合もあるため注意が必要です。

 

まとめ

imgタグはwebを表示する際の基本的なタグですが、使用頻度も多く応用して使っていきたいタグの1つです。必ず表示されている状態を確認し、URLのリンク切れなどが起こっていないか確認しながら記述することが大切です。

 

監修してくれたメンター

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもオリジナルWebサイトを公開できるオンラインブートキャンプWebデザイン講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。