JavaScriptの配列(array)データから重複排除(unique)する方法について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptの配列(array)データから重複排除(unique)する方法について解説しています。ここではSetオブジェクトとスプレッド構文を使って重複した値を排除する方法を説明します。書き方と処理の流れを見ていきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptの配列(array)データから重複排除(unique)する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

配列(array)データから重複排除(unique)する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

arrayとは

「配列」という意味の英単語です。JavaScriptでは配列を扱うArrayオブジェクトが用意されています。Arrayオブジェクトは、配列を操作するためのメソッドを多数持っています。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

setとは

「設定する」という意味の英単語です。JavaScriptではいろいろな値を一意に格納できるSetオブジェクトが用意されています。Setオブジェクトは値を追加や削除、値があるかどうかなどを確認するためのメソッドを多数持っています。特に値が一意であるという特徴があるので、重複した値を排除するのにも便利です。

 

setを利用して配列データから重複要素を排除してみよう

重複データを排除する前に、Setオブジェクトが一意になることを確認してみます。

let setObject = new Set();

setObject.add('あ');
setObject.add('い');
setObject.add('あ');

console.log(setObject); //{"あ", "い"}

setObjectという変数に新しく生成したSetオブジェクトを格納しています。.addメソッドで、文字をSetオブジェクトに3回追加していますが、重複した「あ」は1つになっていることが確認できました。このようにSetオブジェクトは重複した値を入れることができません。

それでは、Setオブジェクトが一意であることを利用して、配列から重複データを除去する方法を紹介します。手順としては、配列のデータをSetオブジェクトに入れてから配列に戻すという流れになります。

まずは重複したデータを持つ配列を用意しました。

let array = ['あ', 'い', 'う', 'え', 'お' ,'あ', 'い'];

この配列をSetオブジェクトを生成する際の引数に渡すことで、重複していないデータだけがSetオブジェクトに格納されます。記述は下記のようになります。

let setObject = new Set(array);

次にSetオブジェクトを配列にする方法ですが、Arrayオブジェクトのfromメソッドを使って配列を生成します。

let uniqueArray = Array.from(setObject);  //["あ", "い", "う", "え", "お"]

これでuniqueArrayという名前の変数に重複データが排除された配列が格納されました。また、Arrayのfromメソッドを使わずに…(ドットが3つ)のスプレッド構文を使うと、より短い記述で上記の処理をまとめることができます。

let uniqueArray = [...new Set(array)];  //["あ", "い", "う", "え", "お"]

[(ブラケット)で囲うことで配列になり、Setオブジェクトをスプレッド構文で値を1つずつ展開するという意味になります。

参考までに、最初に用意した配列をスプレッド構文で書き直すと下記のようになります。スプレッド構文は使う場所によっては記述がとても楽になります。

let array = [...'あいうえおあい'];

 

まとめ

配列から重複データを削除する方法を紹介しました。Setオブジェクトとスプレッド構文を組み合わせることで楽に処理ができます。

 

監修してくれたメンター

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。