Rubyによる現在日時取得(now)の方法について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyによる現在日時取得(now)の方法について解説しています。Time.nowメソッドを使うことで現在日時の取得を行うことができます。Timeクラスの基本と使い方を学習しましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyによる現在日時取得(now)の方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

現在日時取得(now)の方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

Timeクラスとは

Timeクラスは、時刻を表すクラスです。 Timeクラスを使うと、現在日時を取得したり、日時に関する情報を取得することができます。取得できるのはTime オブジェクトです。Timeオブジェクトは、時刻を起算時からの経過秒数で保持しています。

起算時とは、協定世界時(UTC) の 1970年1月1日午前0時です。その経過秒数から現在日時を換算できます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

現在日時の取得方法

現在日時を取得するには、Time.nowメソッドを使います。

time = Time.now

戻り値は、現在の日時を持つTimeオブジェクトです。表示すると、現在日時が表示されます。Timeオブジェクトからは、個別に年や日や時間だけを取得することもできます。

 

Time.nowを利用して現在日時を取得してみよう

time = Time.now
puts time

と書きます。

2020-11-25 13:50:01

 

のように表示されます。表示される日時は、実行した時の現在日時です。putsがTimeオブジェクトを整形して表示してくれます。さらに日にちや時間を個別に取得することもできます。

time = Time.now

year = time.year
month = time.month
day = time.day
hour = time.hour
min = time.min
sec = time.sec
puts "今日は" + year.to_s + "年" + month.to_s + "月" + day.to_s + "日です。"
puts "今は" + hour.to_s + "時" + min.to_s + "分" + sec.to_s + "秒です。"

と書きます。

今日は2020年11月25日です。
今は13時55分41秒です。

のように表示されます。取得した現在日時は、協定世界時なので、日本時間に変換したい場合は、

time = Time.now
jst = Time.at(time, in: "+09:00")
puts jst

と書きます。第二引数に

in: "+HH:MM"

あるいは

in: "-HH:MM"

と指定すると、協定世界時からの時差を考慮した現在日時が取得できます。実行すると、

2020-11-25 22:55:41 +0900

のように表示されます。

 

まとめ

Time.nowを利用すると、現在日時を簡単に取得できます。日付を表示したいアプリケーションで活用してみてください。

 

監修してくれたメンター

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。
世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ
書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど
経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。