Pythonの配列データの検索方法について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonの配列データの検索方法について解説しています。配列からデータを取得、参照する際に使われるindexとcountの役割、それぞれの記述方法について見ていきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

平野 勝靖

製造業にてエンジニア兼DX推進リーダーをしており、プログラミング歴は20年になります。
テックアカデミーではPythonおよびデータサイエンスコースを担当しております。

Pythonの配列データの検索方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

まとまったデータを操作する必要がある人は、ぜひ覚えておくと良いでしょう。

データの中からほしいものを検索したい時に役立つでしょう。

目次

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

配列データの検索方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

配列(リスト)とは

配列(リスト)とは、複数データがまとまっているPythonのデータ型のことです。

例えば、このように値を代入して使います。

list=[1, 2, 3, 4, 5]

値を参照したい場合は、このように記述します。

print (list[1])

実行結果はこのようになります。

2

0番目から数えて、1番目のリスト格納位置には2が入っていることが確認できます。

 

配列データの検索方法

検索方法には、index と countというメソッドを用いる方法があります。

indexは、配列(リスト)の中から所望のデータが入っているリスト位置を取得するメソッドです。

countは、配列(リスト)の中から所望のデータの数を取得するメソッドです。

なお、所望のデータは 各メソッドの引数で指定します。

次章でこれらの使い方を解説します。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

index, countの使い方

index, countの使い方について解説します。

メソッドは、オブジェクトに続けて記述することで使用することが基本です。

list.index(2)  # listの中で2という定数が格納されている「リスト位置」を取得する

list.count(2)  # listの中で2という定数が「存在している数」を取得する

このようにして検索や数のカウントを行いたいオブジェクトに対して使用します。

 

indexを利用して配列データを検索してみよう

それでは、実際に検索してみましょう。

list=[100, 200, 300, 400, 500, 300, 400, 800, 700]

print ('list.index(500) =', list.index(500))

print ('list.count(500) =', list.count(500))

print ('list.index(300) =', list.index(300))

print ('list.count(300) =', list.count(300))

実行結果はこのようになります。

list.index(500) = 4

list.count(500) = 1

list.index(300) = 2

list.count(300) = 2

indexメソッド は検索対象が2つ以上あった場合は、リスト位置番号の一番若い番号を取得します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Pythonにおける配列データの検索方法について理解できましたでしょうか。

indexやcountメソッドを使用することで、たくさんのデータの中から所望のデータを検索し、参照できます。

正しく理解して活用しましょう。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!