Pythonのリストデータの操作(sorted, reversed)について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのリストデータの操作(sorted, reversed)について解説しています。sorted関数とreversed関数はリストの要素を昇順、降順にソートする際に使用されます。それぞれの書き方と注意点について覚えましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのリストデータの操作(sorted, reversed)について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

リストデータの操作(sorted, reversed)について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

リストとは

まずは、「リスト」についておさらいしましょう。

「リスト」というのは、Pythonにおいて複数の値を格納するために使われているデータ型の1つです。

「リスト」に格納するデータ値は、必ずしもすべてが同じデータ型である必要はありません。文字列や数値などの他のデータ型を1つの「リスト」に格納できます。

また、「リスト」の中に「リスト」を格納し、入れ子構造にすることもできます。

これらの例のように「リスト」に格納されている1つひとつのデータのことを「要素」と言います。

使い方によっては、「リスト」によって複雑な処理を単純化できる場合があります。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

sorted(), reversed()とは

続いて、sorted関数とreversed関数について説明します。

これらの関数はPythonにあらかじめ組み込まれており、importをしないでも使うことのできる「組み込み関数」と呼ばれる関数です。

sorted関数は、リストなどの複数要素を持つデータ型を昇順にソートする(規則に沿って並び替える)ための関数です。
reversed関数は要素を逆順にして並び替えるための関数です。

注意しなければならないのは、それぞれの関数の返り値が少し異なっている点です。

sorted関数の場合は、引数で指定した元のリストを並び替え、新しいリストを生成し、返り値として新しいリストを返します。
一方、reversed関数の場合は要素が逆順になった「イテレータ」というものを返り値とします。

どちらの関数についても同じような処理である「リスト」型のメソッドもあります。しかし、元のリストそのものを変換してしまうものもあるので注意しましょう。

 

sorted(), reversed()の使い方

次にsorted関数とreversed関数の使い方について説明します。

sorted関数の場合は

sorted(リスト)

となり、

reversed関数の場合は

reversed(リスト)

もしくは、返り値をリストとして扱いたい場合は

list(reversed(リスト))

となります。

他にも指定できる引数はありますが、基本的な使い方としては上で示したもので十分です。
注意点としては、並び替えたいリストの要素は同じデータ型である必要がある点です。

数値であれば、リストのすべての要素が数値でなければいけませんし、文字列でも同様です。

それぞれの関数のより詳しい使い方について知りたい方は公式のドキュメントなどを参考にすると良いでしょう。

 

リストデータをsorted(), reversed()を利用して並べ替えよう

それでは、リストデータの並び替えを実際にしてみましょう。

# 並び替えるリストを準備
>>> list1 = [1, 4, 5, 2, 3]

# sorted関数を使って昇順に並び替え
>>> list2 = sorted(list1)
# 出力して確認
>>> print(list2)
[1, 2, 3, 4, 5]
# 元のリストはそのままであることを確認
>>> print(list1)
[1, 4, 5, 2, 3]

# reversed関数を使って逆順に並び替え
>>> list3 = reversed(list2)
# 返り値は「イテレータ」と呼ばれるデータ型であることを確認
>>> print(list3)
<list_reverseiterator object at 0x00000267640B6128>
# list関数でリストに変換
>>> list3 = list(list3)
#出力して確認
>>> print(list3)
[5, 4, 3, 2, 1]

 

まとめ

この記事ではリストデータの要素を並び替える方法について、基本的な事項を中心にして解説しました。

データの並び替えなどは時折必要になることがあります。ぜひ参考にしてみてください。

 

監修してくれたメンター

メンターOS

AIプログラミングを使って開発を行う。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。