Rubyのwriteメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのwriteメソッドの使い方について現役エンジニアが解説しています。writeメソッドとは、Rubyで開いたファイルに書き込みを行うことができる関数です。writeメソッドの書き方や使い方、ファイルに書き込む方法について説明します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyのwriteメソッドの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 
なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyのwriteメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

ファイルの読み書き方法

Rubyでは、readメソッドを使用し指定したファイルを読み込むことができます。また、writeメソッドを使用することで、指定したファイルに書き込めます。

この記事ではプログラミング初心者向けにwriteメソッドを使用してファイルに文字を書き込む方法を紹介しているので、これからRubyを学習される方や、すでに学習を開始されている方の参考になればうれしいです。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

writeメソッドとは

writeメソッドとは、文字通り指定したファイルに書き込みをすることができるメソッドで書き方は以下の通りです。

File.write("ファイル名","書き込む内容")

※指定したファイルがない場合は新規にファイルを作成し書き込みますが、既存のファイルがあった場合は内容がすべて消え上書きされてしまうので注意が必要です。
 

実際に書いてみよう

■ファイルがない場合
※「techacademy.txt」のファイルがそもそも存在しないので新規作成し「Webアプリケーションコース」の文字が書き込まれる。

ーーtest.rbーー
File.write("techacademy.txt", "Webアプリケーションコース")  #新規にファイルを作成し「Webアプリケーションコース」の文字を書き込む
file = File.open("techacademy.txt")  #文字を書き込んだファイルを開き変数に代入
puts file.read  #コンソールにファイルに書かれた内容を表示する
file.close  #ファイルを閉じる

#=>
ーーtechacademy.txtーー
Webアプリケーションコース

■既存のファイル(今回は上記で作成したファイル)がある場合
※「techacademy.txt」に書かれていた「Webアプリケーションコース」の文字が「フロントエンドコース」に上書きされてしまう。

ーーtest.rbーー
file = File.open("techacademy.txt")
puts file.read  #先ほど書き込んだ「Webアプリケーションコース」の文字が表示される
file.close

File.write("techacademy.txt", "フロントエンドコース")  #既存のファイルに「フロントエンドコース」の文字を上書き
file = File.open("techacademy.txt")
puts file.read  #上書きした「フロントエンドコース」の文字が表示される
file.close

#=>
ーーtechacademy.txtーー
Webアプリケーションコース
フロントエンドコース

 

まとめ

writeメソッドは指定したファイルがあれば文字を上書きで書き込むことができますが、元のデータに追記するのではなく元のデータを消して上書きするので注意しましょう。

ファイルがなければ新規作成し文字を書き込むことができます。openメソッドとreadメソッドも、writeメソッドと合わせて使用することが多いので、これを機会に学習しておくと良いでしょう。
 

筆者プロフィール

澤亀浩弥(さわかめひろや)

Webエンジニア。
開発実績等は勤怠情報管理システムの開発、地方銀行のプログラムの保守・運用、企業とインフルエンサーをマッチングさせるプラットフォームの開発。

25歳までプロ野球の世界を目指し独立リーグでプレー。その後、某大手会社の製造業作業員として働いていたが毎日の単調な仕事よりもっとクリエイティブな仕事がしたいと思い友人エンジニアにプログラミング学習方法など教えてもらい独学で半年程学習した後、IT業界に転職し、現場経験を積んでフリーランスエンジニアとして独立。

現在はその経験をこれからプログラミングを学んでいく方に伝えていくためにより広い知識を勉強中です。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。