PythonでTwitter APIを利用する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでTwitter APIを利用する方法について現役エンジニアが解説しています。Twitter APIとはツイートや返信、ダイレクトメッセージなどを外部のプログラムから取得・操作する方法です。PythonのSDKを使ってTwitterに投稿する方法などTwitter APIの使い方を説明します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PythonでTwitter APIを利用する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでTwitter APIを利用する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Twitter APIとは

Twitter APIとは、Twitterにある情報を広く共有するために提供されているAPIです。

Twitterは、ガイドラインでスクレイピング(Web上のコンテンツをプログラムで取得すること)を禁止しています。その代わりにAPIを使えばツイート情報を簡単に取得できます。

その他にもツイートや返信、そしてダイレクトメッセージもAPIからできます。そして、APIを各種プログラミング言語で制御するためのSDKも用意されており、PythonのSDKもあります。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Twitter APIを利用する方法

申請

Twitter APIを使うには各種キーを用意するために申請が必要なので、その手順を紹介します。

Twitterにログインして、https://developer.twitter.com/en/apps/へアクセスします。

以下の画面になったら右上の「Create an app」をクリックします。

Twitter Developerアカウントを有効にするようにダイアログが表示されたら、「Apply」をクリックします。

APIを使う目的を聞かれるので、近いものを選択します。大分類で3つあり、どれかをクリックすると小分類が表示されます。

選択したら、「Get Started」をクリックします。

続いて基本情報の入力があります。

ここで携帯電話番号を登録していない場合は、追加をしておきます。

審査のためいくつか質問事項が出てきますのですべて英語で答えます。

また、YesかNoで答える質問で該当しない項目ではNoを選択しておきましょう。

入力確認をし、利用規約に同意したら申請は完了です。

あとは審査結果を待ちましょう。何も問題なければ数時間後に申請がapproveされたという内容のメールが届きます。審査が完了し、APIを使える状態になっています。

アクセスキーとトークンとの取得

無事審査が完了したら、再度https://developer.twitter.com/en/apps/へアクセスします。

Overview画面が表示されますので画面下にある「Create App」をクリックします。

APIのアクセスキーとトークンを管理するためのアプリ名を設定して「Complete」をクリックします。

次の画面でAPIキーとAPIシークレットが出力されます。

これでAPIを使うための準備は完了です。

SDKのダウンロード

最後にPythonでAPIを使うためのSDKを用意します。

以下のpipコマンドでインストールします。

pip install tweepy

 

実際に利用してみよう

それでは、実際にTwitter APIを使ってみましょう。

今回はTwitterの中から「Python」にまつわるツイートを取得します。

以下のソースコードを任意のディレクトリに保存します。なお、各キーとトークンはご自分のものに書き換えてください。

(キーやトークンは第三者に見られないように注意しましょう)

import tweepy

# 認証に必要なキーとトークン
API_KEY = 'your_api_key'
API_SECRET = 'your_api_secret'
ACCESS_TOKEN = 'your_access_token'
ACCESS_TOKEN_SECRET = 'your_access_token_secret'

# APIの認証
auth = tweepy.OAuthHandler(API_KEY, API_SECRET)
auth.set_access_token(ACCESS_TOKEN, ACCESS_TOKEN_SECRET)

# キーワードからツイートを取得
api = tweepy.API(auth)
tweets = api.search(q=['Python'], count=10)

for tweet in tweets:
    print('-----------------')
    print(tweet.text)

実行してコンソール上にPythonにまつわるツイートが10件取得されたら成功です。

まとめ

今回はPythonでTwitter APIを操作する方法を紹介しました。

APIを使うことでフォロー、リツイートもできるので、Twitterのbotを作ることもできます。もちろん悪用するとAPIの利用停止だけではなくアカウントが停止する可能性もあるのでマナーを守ってAPIを使いましょう。

監修してくれたメンター

メンター三浦

モバイルゲームを運用している会社のエンジニアをしています。趣味でWEB開発やクラウドコンピューティングもやっており、ソフトもハードもなんでもやります。

TechAcademyジュニアではPythonロボティクスコースを担当しています。好きな言語はPython, Node.js。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。