HTMLでコードを表示する方法【初心者向け】

HTML初心者向けに、【codeタグ】を使ってコードを表示する方法を解説した記事です。codeタグを使うと、コードを書かれていることを指定できます。一方で、【preタグ】を使うと、改行やインデントがそのまま表示されます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

HTMLについて今さら聞けない!という初心者のために、HTMLの基礎を紹介する記事です。

今回は、HTMLでコードを表示する方法について解説します。そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、先に HTMLの書き方 の記事をご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのHTMLのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

 HTMLでコードを表示する方法

・コード code <code>~</code>

プログラミングのソースコードやコンピューター用語を表示するタグです。タグで囲まれた部分がコードであるということを意味します。

ソースコードをそのまま書いてもいいですが、それだけだと読む側にとってもわかりにくいですよね。

If you try to execute the <code>drive()</code> function on the <code>vehicle</code> object, it goes on.

codetag

こうすることで、codeで囲んだ部分の文字が変わりました。

 

 

改行とプリフォーマット

今回はコードの表示の他に、改行とプリフォーマットについても説明します。

 

・改行  line break <br>

HTMLでは文章を入力する際に、改行をしてもそのまま文が途切れずに表示されます。そのため、文章を改行したい場合にはbrタグを入れる必要があるのです。なお、このbrタグは閉じる必要はなく、単独で使うことができます。

<p>brタグを使って改行を入れることにより、長い文章も読みやすくなります。<br>改行したい部分にbrタグを入れてみましょう</p>

br_tag

brタグを入れた箇所が改行されました。

 

・プリフォーマット preformatted text <pre>~</pre>

プリフォーマットとはpreformatted text のことで、フォーマット化された、書式化されたテキストという意味です。

preタグを使うとHTMLに入力したとおりに表示されます。改行、インデント(字下げ)、半角スペースなどがそのまま表示されます。

pre_tag

preタグで囲まれた部分は、改行やインデント(字下げ)がそのまま表示されました。プログラムコードをそのまま入力したいときにpreタグを使うと、長いプログラミングコードもすっきりと表示させることができます。

 

プログラミングコードは英単語を基にして開発されたものなので、英文中にコードが混ざっているとパッと見ではわかりづらかったりします。codeタグやpreタグを使うことにより、言葉としての文字とプログラミング言語としての文字をわかりやすく区別することができるでしょう。

 

今回はHTMLでコードを表示する方法をご紹介しました。

さらにHTMLを学びたい場合は、HTMLで強調タグと区切り線を使う方法も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。HTMLの基礎から学ぶことができます。