初心者におすすめ!Rubyを学習できる無料サービス20選

初心者向けにRubyを学べる、無料プログラミング学習サービスを紹介した記事です。入門向けサイトの定番から、ゲーム感覚で学べる海外サービスもあります。学習スタイルやエディタ機能の有無で比較しているので、自分にあったサービスを見つけましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

プログラミング言語をどれから学ぶべきかといった質問はよく耳にしますが、今回はRubyについて扱います。

Wantedlyのプレスリリースによると、スタートアップ企業を中心にRubyを扱う企業が増えているようです。

 

そこで今回は、これからRubyの勉強を始めたいという初心者向けに、無料学習サービスをご紹介します。なお、他の言語も含めた無料プログラミング学習サービスを紹介する記事もあります。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

1. Codeacademy

codeacademy

学習スタイル:ハンズオン(画面上で書きながら)

プログラミング学習の先がけといえるサービスです。様々なプログラミング言語を扱っていますが、Rubyにも対応しています。

学習方法としては、テキストを読みながら進めるカリキュラムで、ブラウザ上でコードの入力、出力結果の表示も可能です。

一部日本語にも対応していますが、海外サービスのため、ほとんど英語で読み進める必要があるのでご注意ください。

Codecademy

 

2.ドットインストール

ドットインストール

学習スタイル:動画

国内では最もメジャーと言えるプログラミング学習サービスです。3分以内の動画で学習を進めることができます。

Ruby入門のレッスン他に、Ruby on Rails入門のレッスンも用意されています。動画で学ぶスタイルをとっていて、ブラウザ上のエディタ機能などはありません。

ドットインストール 

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

3.Progate

progate

学習スタイル:ハンズオン

2014年11月にリリースされた国内のサービスです。

Rubyを学習でき、Ruby on Railsのカリキュラムもありますが、現在は一部のユーザだけにテスト公開されてるようです。

スライドを読みながら学ぶスタイルをとっており、Codeacademyのようにブラウザでコードを入力して正誤判定を行うことができます。

Progate

 

4.ミニツク

ミニツク

学習スタイル:動画/ハンズオン

ネットワーク応用通信研究所(NaCl)が運営するRubyに特化した学習サービスです。

基本的にはテキストを読みながら学習を進めるスタイルですが、Rubyの開発者である、まつもとゆきひろ氏が解説する動画コンテンツもあります。

また、「演習」も用意されており、自分でコード書きながら模範解答でチェックすることができます。

ミニツク

 

5.CODEPREP

codeprep

学習スタイル:ハンズオン

株式会社ギブリーが提供するプログラミング学習サービスです。プログラミング言語としては、Ruby、PHP、JavaScriptなどを学ぶことができます。

学習方法としては、穴埋め形式で表示された問題にコードを入力しながら進める内容です。ヒントも表示できるので、初心者でも問題を解きながら進められることでしょう。

PHPなど他の言語の場合は簡単なアプリケーションを開発できるカリキュラムがありますが、Rubyは基礎編のみの提供となります。 また、ディスカッションボードという機能もあり、ここから質問を投稿することも可能です。

CODEPREP 

 

6.RubyWarrior

RubyWarrior

学習スタイル:ハンズオン

ゲーム感覚で学べるプログラミング学習サービスでも紹介した、Rubyに特化した学習サービスです。

ファミコンのRPGゲームのようなグラフィックですが、コードを入力しながらゲーム感覚で学ぶことができます。画面の下に表示されるエディタにコードを入力しながら課題をクリアしながら進める学習方法です。

なお、海外のサービスで日本語には対応していません。

RubyWarrior

 

7. CodinGame

CodinGame

学習スタイル:ハンズオン

同じくゲーム感覚で学べるサービスです。20以上のプログラミング言語に対応していますが、Rubyも学ぶことができます。

すでにあるゲームをもとに、コードを追加してゲームをクリアしていくことでプログラミングを学びます。何も書かずに実行するとゲームオーバーになるため、コードを書いてクリアを目指しましょう。

こちらも海外サービスで日本語には対応していません。

CodinGame

 

8. TECHSCORE

nm_07_01

学習スタイル:テキスト

Rubyについて簡潔に必要な部分を7つのチャプターで説明してくれています。Rubyの概要を知る上で十分でしょう。

TECHSCORE

 

9. 他言語からのRuby入門

学習スタイル:テキスト

Ruby言語の公式ページにあるものです。「他の言語はやったことあるけど」という人はここを見るべきです。他の言語をやったことがあるからこそRubyの良さが分かるはずです。

他言語からのRuby入門

 

10. とほほのWWW Ruby入門

nm_07_05

学習スタイル:テキスト

知ってる人は知っているかの有名なとほほシリーズのRuby編です。このページは解説の数が豊富なのでここで学べば学び漏れはないでしょう!

とほほのWWW Ruby入門

 

11. Libro〜ビギナーのためのRubyプログラミング入門〜

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-17-45-12

学習スタイル:テキスト

このサイトも知ってる人は知っている、かの有名な掌田津耶乃氏のプログラミング解説ブログのRuby版です。

10回に分けてRubyの基本を親切に教えてくれています。

Libro

 

12. Ruby Life

nm_07_07

学習スタイル:テキスト

Rubyの解説が見ての通りとてもたくさんあります。一度に全部やるのは大変ですが時間を見つけてコツコツやればこれであなたもRubyマスター!

Ruby Life

 

13. エンジニアの入り口

nm_07_08

学習スタイル:テキスト

初心者ならではの疑問でどの言語がどう違うのかっていうのはきになるところだと思います。ここではRubyとPHPを分かりやすく比較しています。ここを見て大体の感覚をつかむのも悪くないかもしれません。

エンジニアの入り口

 

14. Hack.hands()

nm_07_09

学習スタイル:テキスト

24時間プログラミングのサポートをしてくれるのが売りのHack.hands()のRuby版です(有料)。

本業のエンジニアがサポートしてくれるのは何より有難いですね。

Hack.hands

 

15. 起業.TV〜まつもとゆきひろ氏が語る「Ruby」開発秘話とは〜

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-17-43-11

学習スタイル:動画

こちらは直接コーディングとは関係ありませんが、Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏(なんと日本人なのです)の言語開発秘話が聞けます。

Rubyを通じてプログラミング言語の奥深さが理解できるかもしれません

起業.TV

 

16. DIVER

学習スタイル:テキスト

プログラミングスクールDIVE INTO CODEによるRailsオンラインテキストです。コードに関する内容だけでなく、動的なサイトとはどういうものかなど概念や仕組みからしっかりと学ぶことができるサイトです。

それぞれの解説は図解入りで見やすく、とても理解しやすい構成になっています。

DIVER

 

17. paiza

学習スタイル:ハンズオン

料金:無料(600円~/月の有料コースあり)

5分前後の動画と実践の問題で学習することができる「paizaラーニング」でRailsについて学ぶことができます。

動画のページにはテキストによる解説もあり、参照しながら動画を見ることも可能です。各コースには有料会員向けのものもありますが、期間によって無料公開されていることもあるのでチェックしておきましょう。

paiza

 

18. Schoo

学習スタイル:動画

料金:無料(980円~/月の有料コースあり)

Ruby on Railsコースでは、Webアプリケーションフレームワークがどういうものなのかというところから丁寧に解説された動画を見ることができます。

動画では各チャプターにジャンプする機能があるため、自分の見たいところの解説動画をすぐ参照することも可能です。受講生が参加できる生放送では講師に質問することもできるため、放送の日程も確認しておきましょう。

プレミアムプランでは動画や資料をダウンロードしたり、プレミアム専用の放送を見ることができます。通常の生放送は無料プランでも利用可能です。

Schoo

 

19. 小学生でもわかるRuby on Rails入門

学習スタイル:テキスト

料金:無料

動的なサイトとはどのようなものか、実際にRailsを始めるまでの手順、モデル・ビュー・コントローラの役割、データベースやマイグレーションに関する説明など、最初に理解しておかなければいけないことがとても分かりやすく解説されています。

Ruby on Rails全体の流れを把握するために最初に参照しておきたいサイトです。

小学生でもわかるRuby on Rails入門

 

20. Ruby on Rails ガイド

学習スタイル:テキスト

料金:無料

Ruby on Rails全般に関するリファレンスサイトで、”http://guides.rubyonrails.org/“の翻訳版になります。

公式ガイドのため、バージョンに応じた仕様を確認することができます。実践でRailsを使う場合、より正確で新しい情報を参照したい場合に利用できます。ある程度基本を覚えた人向けです。

Ruby on Rails ガイド

 

最後に、今回紹介した学習サービスを比較します。

日本語対応、学習スタイル(ハンズオン・テキスト・動画)、エディタ機能の有無で比較してみました。

サービス名 日本語対応 学習スタイル エディタ機能
Codecademy ハンズオン
ドットインストール 動画 ×
Progate ハンズオン
ミニツク テキスト(一部動画) ×
CODEPREP ハンズオン
RubyWarrior × ハンズオン
CodinGame × ハンズオン
TECHSCORE テキスト ×
他言語からのRuby入門 テキスト ×
とほほのWWW Ruby入門 テキスト ×
Libro テキスト ×
Ruby Life テキスト ×
エンジニアの入り口 テキスト ×
Hack.hands() × テキスト ×
起業.TV 動画 ×
DIVER テキスト ×
Paiza  ハンズオン  ○
Schoo 動画 ×
Ruby on Rails入門 テキスト ×
Ruby on Railsガイド テキスト ×

今回紹介した中では、動画で学ぶ学習スタイルをとっているのはドットインストールのみとなっています。海外では動画で学べるサービスは一部無料のコンテンツがあり、しっかり勉強しようとすると有料のものが多いようです。

また、エディタ機能があると、開発環境の構築も必要ないため、初心者にとっては勉強を始めやすいかもしれません。

 

今回の記事は以上です。

ぜひRubyの勉強を始めてみましょう!

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でRailsエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。