UNIXコマンドのpwdで現在のディレクトリを表示する方法【初心者向け】

UNIXコマンドの【pwd】で現在のディレクトリを表示する方法を初心者向けに解説した記事です。ターミナルでpwdと入力するだけで、現在のディレクトリが表示されます。絶対パスで表示されるので確認するようにしましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

プログラミングをする際に最低限知っておきたいこととして、UNIXコマンドがあります。

今回は基本的な、pwdコマンドの使い方を初心者向けに紹介します。

 

pwdコマンドとは

ターミナルでの作業は、GUI(グラフィカルユーザインタフェース)を用いる場合と異なり「現在作業している場所がわかりにくい」ことがあります。

そんなとき、ターミナルで現在の場所を表示するために、pwdコマンドを使います。

 

pwdとは、present working directoryの略で「今作業しているディレクトリ」という意味です。もう少し正確に言うと「現在のディレクトリを絶対パスで表示するためのコマンド」となります。正しいディレクトリで作業しているのかを確認する際や、 今作業しているディレクトリがどこなのかわからなくなってしまった際に使用することが多いです。

 

ここでいうディレクトリとは、WindowsやMac OSでいうところのフォルダと同じもので、 各種ファイルが格納されている場所のことです。

また絶対パスとは、rootディレクトリ(/)から見たそのディレクトリの位置のことです。最も上のディレクトリから見た位置、という認識で問題ありません。 また、絶対パスはフルパスと呼ばれる場合もあります。どちらも同じ意味ですので、勘違いしないようにしましょう。

同じく位置を表す言葉として相対パスもあります。絶対パスはrootからの位置でしたが、相対パスは現在のディレクトリから目的のファイルやフォルダまでの道筋を記述する方式のことです。

 

pwdコマンドを使ってみる

使い方は簡単です。pwdとコマンドを実行するとこのようになります。

pwd2-620x192

今回の例では、/Users/Guestと表示されました。 Userディレクトリの下にある、Guestディレクトリで作業している、という意味になります。

例えばこの状態のまま新しくファイルを作成すると、Guestディレクトリの中にファイルが作成されます。また、ディレクトリを作成すると、 /Users/Guest/新しいディレクトリといったように、Guestディレクトリの下に新しいディレクトリが作成されます。

 

今回の記事は以上です。

コマンドは難しくないので、複雑な作業を行っている場合は、不安にならないようこまめに確認するようにしましょう。

他のUNIXコマンドを確認したい場合はUNIXコマンドの一覧をご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは、最短4週間でオリジナルWebサービスが開発できるオンラインブートキャンプを開催しています。開発しながらUNIXコマンドも学ぶことができます。