UNIXコマンドのcdでディレクトリを移動する方法【初心者向け】

UNIXコマンドの【cd】でディレクトリを移動する方法を初心者向けに解説した記事。ホームディレクトリへ移動、親ディレクトリへの移動、直前のディレクトリへ移動などよく使うコマンドも紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

プログラミングをする際に最低限知っておきたいこととして、UNIXコマンドがあります。

今回は基本的な、cdコマンドの使い方を初心者向けに紹介します。

 

cdコマンドとは

cdコマンドは、ディレクトリを移動するときに使用します。cd ディレクトリ名のように、cdの後ろにディレクトリ名を入力することで指定したディレクトリへ移動します。

このディレクトリの位置は、相対パス(起点となる現在位置から目的のファイルやフォルダまでの道筋を記述する方式)・絶対パス(最上位階層から目的のファイルやフォルダまでの道筋を省略なく記述する方式)ともに利用可能ですが、 初めのうちは相対パスを使うことがほとんどです。相対パスを利用するには、現在のディレクトリを把握する必要があるので、わからない場合はpwdコマンドで確認しましょう。

 

cdコマンドの使い方

実際にcdコマンドを使ってみましょう。

まずは、現在のディレクトリをpwdコマンドで確認します。/Users/Guestのディレクトリにいることがわかりますね。

cd1-620x192

さらに、lsコマンドでどのようなディレクトリがあるか調べてみます。

cd2-620x192

どんなディレクトリがあるかわかったので、cdコマンドでPublicディレクトリに移動してみましょう。

cd コマンド名なので、「cd Public」で実行します。

cd3-620x192

実行後、pwdコマンドで現在の位置を調べてみると、/Users/Guest/Publicに移動できていることがわかりました。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

覚えておくと便利な使い方

この他に覚えておくといい使い方があるので4つ紹介します。

 

cdだけで実行

cdだけで実行するとホームディレクトリへ移動します。

 

cd –

直前にいたディレクトリへ移動します。cdの後ろに「-(ハイフン)」を入力するだけです。

 

cd ..

今いるディレクトリの親ディレクトリ(上のディレクトリ)へ移動します。どんなに長くても構いませんので、例えば ../../Guest/Publicといった入力も可能です。

 

tabキーの活用

移動先のディレクトリを入力する際には、パスを途中まで打ってtabキーを押すだけで、ターミナルが自動で当てはまるパス候補を探し、補完することができます。これにより、複雑なファイル名などを入力しなくて済みます。ただし、自力で入力するパスが短かったり、似たような名前のディレクトリが多いと補完できないことがあるので注意しましょう。

 

 

今回の記事は以上です。

他のUNIXコマンドを確認したい場合はUNIXコマンドの一覧をご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは、最短4週間でオリジナルWebサービスが開発できるオンラインブートキャンプを開催しています。開発しながらUNIXコマンドも学ぶことができます。