Rubyで文字列を出力する方法【初心者向け】

プログラミング初心者向けに、Rubyの基礎を紹介する記事です。今回は、Rubyで文字列オブジェクトを使う方法を解説していきます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

プログラミング初心者向けに、Rubyの基礎を紹介する記事です。

今回は、Rubyで文字列オブジェクトを使う方法を解説していきます。

文字列を出力する

Rubyで文字列を出力する時はputsメソッドを使います。

s = "Hello, World"
puts s

1行目では、sという変数に「Hello, World」という文字列を代入しています。

文字列を出力させたい場合は、「”(ダブルコーテーション)」を2つ続ける間に文字列を書いていきましょう。

実行結果

Hello, World

 

そして、もう一つ重要なのが、「” “」(ダブルコーテーション)と「’ ‘」(シングルコーテーション)の使い分けです。

puts "Hello\nWorld"  #""は特殊文字や変数を出力する
puts 'Hello\nWorld'  #''は文字列のまま出力する

今回「Hello」と「World」の間に「\n」という改行を表す特殊文字が入っています。

「””」の場合は特殊文字として認識し改行を行いますが、「”」の場合はそのまま文字列として出力します。

 

その結果

Hello
World

Hello\nWorld

となります。

文字列の中で変数を展開する

変数を文字列の中で展開したい場合は、#{変数名}と書くようにします。

name = "Hoge Hoge"
puts "My name is #{name}"

nameという変数に「Hoge Hoge」という文字列を代入して、展開しています。

以下が実行結果となります。

My name is Hoge Hoge

今回用意したnameという変数に別の文字列を入力した場合も同様に展開できます。

 

以上、文字列を出力する方法を解説しました。

文字列の出力は、プログラミングの基本なので、ぜひ覚えておきましょう。

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。