WordPress SEO by Yoastの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

SEO対策の人気のプラグイン「WordPress SEO by Yoast」について紹介していきます。とても便利な機能が多いので、一つ一つ見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

SEO対策の人気のプラグイン「WordPress SEO by Yoast」について紹介していきます。

とても便利な機能が多いので、一つ一つ見ていきましょう。

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressのSEO対策ってどうするんですか?

田島悠介

いくつかいいプラグインがあるけど、「WordPress SEO by Yoast」がいいかなぁ。教えようか?

大石ゆかり

はい、お願いします♪

 

WordPress SEO by Yoastとは

WordPress SEO by Yoastの特徴としては、非常に高機能なのでたいていの設定はこれ一つでできるという点でしょう。

また、他のSEOプラグインの設定をインポートもできるので、初心者の人でも簡単に設定できると思います。

 

プラグインをインストールする

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストールがわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

インストールし、有効化すると左側に「SEO」というメニューバーが表示されているはずです。

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

WordPress SEO by Yoastの設定

WordPress SEO by Yoastで設定できる機能は以下の通りです。

上から順に解説していきます。

 

タイトル&メタ

ここでは、メタタグの設定やその説明文のテンプレートを作成します。

検索結果にも表示される部分になるので、誰が見てもわかるように入力しておきましょう。

ホーム

スクリーンショット 2016-01-25 11.46.02

ホームページは、いわゆるトップページとなる部分のタイトルタグとその説明文を設定します。

 

投稿タイプ

スクリーンショット 2016-01-25 11.46.09

投稿記事ページ、カスタム投稿タイプ記事ページ、固定ページ、メディアのタイトルタグと説明文の設定が行えます。

 

タクソノミー・アーカイブ

スクリーンショット 2016-01-25 11.46.17

カテゴリーやタグ一覧ページ、「アーカイブ」では、投稿者ページや日付順で並んだアーカイブページのタイトルタグと説明文の設定を行います。

記事が増えてくると、ここは自然と増えてくるので最初に設定しておくことを勧めます。

 

ソーシャル

ソーシャルでは、FacebookやTwitterといったソーシャルメディアの専用のメタタグを設定できます。

それぞれのソーシャルメディアでシェアされた時に、画像付きでシェアすることができる機能なので、ぜひ設定しておきましょう。

Facebook

スクリーンショット 2016-01-25 12.00.41

トップページがシェアされた時の画像や説明文を設定したり、シェアされている投稿に画像が含まれていない場合に、表示する画像を設定できます。

 

Twitter

スクリーンショット 2016-01-25 12.00.49

Twitterの方は設定する項目が多くありませんが、TwitterCard用のメタタグを出力するかどうか、 TwitterカードのタイプをSummaryか画像付きのSummaryから選択することができます。

 

XMLサイトマップ

XML形式のサイトマップを出力することができ、詳細の設定などを行っていきます。

また、別のプラグインでサイトマップを用意している場合などに応じてここでのサイトマップ機能を無効にすることもできます。

スクリーンショット 2016-01-25 12.21.07

サイトマップに含めたくない投稿タイプやカテゴリーなどがある場合は、「投稿タイプ」や「タクソノミー」で設定できます。

設定したらXMLサイトマップというボタンで確認してみましょう。

 

高度な設定

スクリーンショット 2016-01-25 13.41.34

ここでは、パンくずリストを有効にしたり、「パーマリンク」でURLを変更するなどを行います。

独自のURLにアクセスさせたいなど細かい設定はここで行いましょう。

 

ツール

スクリーンショット 2016-01-25 13.47.44

他のプラグインをインポートしたり、投稿や固定ページの説明文などを一括で変更したりと便利な機能が内蔵されています。

基本的に利用する機能は無いと思いますが、他のプラグインには無い便利なツールもあるので、ぜひ見ておきましょう。

 

Search Console

Googleの認証コードを入力しておけば、Google Search Consoleの情報を取得することができます。

 

今回の記事は以上です。

ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう!

 

大石ゆかり

すごい細かい設定ができるんですね♪

田島悠介

そうだね。他にもSEO対策のできるプラグインがあるから、自分にあったプラグインを見つけるといいかもね♪

大石ゆかり

はい♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。