【Swift2 / Xcode7対応】これからSwiftを習得したい人におすすめの本5選

Swift2/Xcode7に対応しているSwiftの本を紹介しています。書籍は大抵、初心者でも理解できるようにできているので、これから始めようと思っている人でもすぐアプリ開発に取りかかれるはずです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

今回は、Swiftを習得するための本の記事になります。Swift1/Xcode6からの変更点等もあり、書き方が変わっている部分もあるので、最新版を使うようにしましょう。

また、本は大抵初心者でも理解できるように作られているので、これから始めようと思っている人でもすぐアプリ開発に取りかかれるはずです。

実際に動くアプリを開発しながら学習できるチャプターなどもあるので、初めてやるという人でも楽しく進められると思います。

 

なお本記事は、TechAcademyのiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

1. 絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門

Swiftでの開発の基礎からアプリで収益するためにという応用編まで網羅されている本になります。

内容ももちろんですが、フルカラーで図解されている部分も多いので、読んでいて苦に感じることは無さそうです。

Xcodeの使い方なども画像付きで説明が多く載っているので、視覚的にどんな動作を行っているのかが分かるでしょう。

 

2. No.1スクール講師陣による 世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業

アプリ開発のスクールRainbowAppsの講師陣による一冊です。

今までスクールで未経験者に指導してきたノウハウを活かして本を作成しているとのことです。

電卓アプリなど普段からよく使うようなアプリ作りながら学習を進めることができます。

こちらもフルカラーで見やすいので、初心者の人には特におすすめです。

 

[PR] iPhoneアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

3. 詳細!Swift2 iPhoneアプリ開発 入門ノート

この本の特徴は、とにかく分量でしょう。

サンプルが300以上ある本は、Swiftに限らずプログラミングの参考書では見ないと思います。

小さくてもアウトプットをし続けながら学習することができるはずです。

 

4. 本気ではじめるiPhoneアプリ作り黒帯エンジニアがしっかり教える基本テクニック

入門者から中級者まで幅広くカバーしている一冊です。

準備のところから実際にアプリをリリースすることをイメージして作成されている感じを受けます。

最初は基礎的な内容となっていますが、後半では具体的にアプリを作りながら学習していけるので、自分の成長を感じることができるはずです。

 

5. 小学生でもわかるiPhoneアプリのつくり方

タイトルからも分かるように超初心者向けの内容となっています。

今までプログラミングをやったことが無い人でも挫折しないように絵本を読むようなイメージの本です。

いきなりプログラムを書くのではなく、こういった本から入るとより理解できるかもしれません!

 

いかがだったでしょうか。

Swiftの概念や文法を多く学べる本、サンプルアプリが充実している本など本によって学習できるものが変わってくるので、ぜひ自分に合ったものを選んでみてください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。「自分の力でアプリ開発したい」という方はぜひご覧ください!