これは便利!Ruby on RailsでConsoleを使う方法【初心者向け】

rails console(コンソール)とは、rails の環境を読み込んだ状態でrubyコードを実行できるツールです。他にも作成している rails アプリケーション内で定義したメソッドや読み込んでいる gem も実行することができます。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

監修してくれたメンター

袴田

1社目:かなりブラックで自己研鑽の時間も作れず、これではだめだと思い転職。
2社目:恵まれた環境で開発のいろはを叩き込まれる(転職して本当によかった)。
Ruby, Pythonをよく扱います。

作業している時書き方を忘れてしまうことはあるでしょう。

ただ、Rubyのファイルに書いてみて試すのは非常に面倒です。

ここでは、consoleというコマンドでRubyのコードを実行できる方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

目次

1時間でできる無料体験!

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

大石ゆかり

田島メンター!!consoleとは何ですか〜?

田島悠介

consoleはRubyのコードを実行するためのものだよ。

大石ゆかり

Rubyのコードを実行?なぜそのようなことをするんでしょうか?

田島悠介

例えばメソッドを試しながらRailsのアプリに実装したり、エラーが出たときにデバッグのツールとして使うことができるんだ。

 

consoleとは

rails console(コンソール)とは、rails の環境を読み込んだ状態でrubyコードを実行できるツールです。

他にも、作成している rails アプリケーション内で定義したメソッドや、読み込んでいる gem も実行できます。

rails console は、主に次のような場面で役に立ちます。

 

いろんなメソッドを試しながら実装したいとき

何かのロジックを実装するときに、どういった処理を書けば良いのか試行錯誤したいときがあります。

そのとき、毎回 rails 内のコードを書いて動かして試してみるというのを繰り返すのは大変です。

rails console を使えば、すぐにコードを実行できますし、いろいろなメソッドの動きを確かめながら実装できます。

 

エラーが起こったが原因がわからないとき

rails console はデバッグにも役立ちます。

エラーが起きたけどエラー文を見ても原因がわからないときなどは 、rails console を使ってみましょう。

rails console を使えば、実装したコードを1行ずつ実行して結果を見ながらデバッグできます。

そのため、どの行でなぜエラーが起きたのかという原因を突き止めやすくなります。

文章だけでは伝わりにくいと思うので、実際に動かしてみましょう。

 

実際にrails consoleを使ってみよう

rails consoleを起動してみよう

使い方は簡単で、ターミナルでRails アプリケーションがあるフォルダ(ディレクトリ)に移動したあとに、下記の通り打ち込むだけです。

rails console

 

このコマンドは次のように省略できます。

rails c

 

また、終了させたいときは、下記の通り打てば終了できます。

exit

 

試しに、rails consoleを起動したあとに終了させてみます。

console_exit-620x143

 

田島悠介

rails cを行うと、ターミナルではこのように表示されるよ。

大石ゆかり

irb(main):001:0と出ました。Rubyを習ったときに見た画面ですね。

田島悠介

実際に、簡単なコードを実行してみよう。

 

rails consoleでコードを実行してみよう

変数aを定義して、その変数の値が10以上であれば「10以上です」、10未満であれば「10未満です」と出力するコードを実行してみたいと思います。

console_code1-620x265

 

もし、エラーになるようなコードを実行したときは次のようになります。

定義していない変数bに対して、上と同じような処理を書いてみます。

console_code2-620x343

 

NameError以降がエラー部分ですね。

変数bは定義されていませんとエラーが出ます。

このようにrails consoleを使えば、トライアンドエラーしながらコードを書くことができるので、 rails アプリケーションを実装していくときには活用してみてください。

 

以上、rails console の使い方の解説でした。

 

田島悠介

consoleによって、Railsアプリケーションと対話的にやり取りができるようになるんだ。

大石ゆかり

例えばデータに触らずに、テストだけしたいときはどうすればいいですか?

田島悠介

そういうときはrails console –sandboxと入力して実行しよう。この場合はデータを変更せずにconsoleを使うことができるよ。

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

Ruby on Railsを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのWebアプリケーションコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、Ruby on Railsを使ったWebアプリケーション開発を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する