Ruby on Railsでアプリを作成し起動する方法【初心者向け】

初心者向けにRuby on Railsでアプリの作成方法とそのブラウザで動作を確認するまでの手順を解説!これからRailsでWebサービスを作ってみたいという人は最初に覚えておくべき項目になるでしょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Ruby on Railsでアプリの作成からブラウザで動作を確認するまでの手順を解説します。どうやってRailsでWebアプリを作ろうかと悩んでる人は作成からブラウザでの表示まで理解できるはずです。

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

20163020-2

 

Ruby on Railsの開発環境が整ったら、まずはアプリケーションを作成してみよう。

 

20160620

 

田島メンター!!最初は何をしたらいいんですか〜?

 

20163020-2

 

ターミナルでアプリケーションを作成するコマンドを入力するよ。作成コマンドは”rails new ○○(アプリケーション名)”だ。

 

20160620

 

早速やってみます!

 

アプリケーションの作成

$ rails new sample

上記コマンドを実行すると必要なファイルが生成され、最後にbundle installというコマンドが実行されます。

a35c026876b325e79c68cab262440b64

bundle installとは、Bundlerというgem管理ライブラリのコマンドで、Ruby on Railsの動作に必要なgemを全てインストールしてくれる便利なコマンドです。

 

使用するデータベースを変更したい

オプションを指定しないで作成した場合、使用するデータベースはSQLiteが選択されます。
もしMySQLを使用することが決定している場合などはrails newを行う時点で指定しておくと良いでしょう。
使用するデータベースを指定するには-dオプションを使用し、その後に使用したいデータベース名を記載します。

$ rails new sample -d mysql

生成されたdatabase.ymlを確認してみるとmysqlの設定になっていることがわかります。

a892f95f1ed7f1e75663ecb02e0c7735

 

20163020-2

 

作成されたフォルダを実際に開いて見てみようか。

 

20160620

 

たくさんのフォルダと、ファイルが追加されていますね。

 

20163020-2

 

これらのファイルを編集したり、新たなファイルを追加したりしてアプリケーションを構成していくんだ。その前にlocalhostでアプリが実行できるかを確認しておこう。

 

サーバを起動する

先ほど作ったプロジェクトに移動してサーバを起動してみましょう。

サーバを起動するには下記コマンドを実行します。

$ rails s

sはserverと同義なのでrails serverでも問題ありませんが、記述が短い方を利用するほうが良いでしょう。

コマンドを実行するとこのような表示がされます。

2d5038f92d5c9c232f714bf7e457da05

Webrickというサーバが起動し、http://localhost:3000で確認ができるようになりました。

ブラウザからアクセスしてみましょう。

1a0c6c9d5aaa136a3d0ebadbcef3ef7c

この画面が表示されればRailsアプリの起動に成功しています。

About your application’s environmentというリンクをクリックすると、Ruby on Railsがどういう環境で動作しているかを確認することができます。

6c97fe8c59a2ee6107da26c08aa501b0

 

同時に2つのサーバを起動したい

例えば、2つのRuby on Railsアプリを動作させたい時サーバを2つ起動する必要がありますが、2つめのサーバ起動時にA server is already runningと表示され起動できません。

これはデフォルトの状態ではWebrickが3000ポートを使用するのですが、既に利用済みで3000ポートが空いていない為発生します。

その場合別のポートをオプションで指定すると起動することが可能です。

$ rails s -p 3001

http://localhost:3001にアクセスすると2つめのアプリにアクセスすることができるようになります。

これでRuby on Railsを起動させるまでの手順は完了です。

 

20163020-2

 

http://localhost:3000での実行は確認できたかな?

 

20160620

 

無事起動できました!

 

20163020-2

 

rails sでサーバを起動したときは、必ず終了時にCtrl+cを入力しよう。これを行わずにターミナルを閉じたりすると、次に起動する際にエラーになる場合があるよ。

 

20160620

 

分かりました、気をつけます。ありがとうございました!

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。