【SEO対策にもなる!】WordPressでパンくずリストを表示できるプラグイン3選

WordPressのパンくずリストを表示できるプラグインを紹介している記事。SEO対策にも効果があるパンくずリスト。パンくずリストは現在サイト内でどの位置にいるのかを閲覧者に表示し、各階層へのリンク・移動を可能にする機能です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

パンくずリストは現在サイト内でどの位置にいるのかを閲覧者に表示し、各階層へのリンク・移動を可能にする機能です。

WordPressではプラグインを使用してこのパンくずリストをサイト内に追加することができます。ここではパンくずリストに関するプラグインを紹介していきます。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

Breadcrumb NavXT

bc_pl_2

ショートコード以外にもウィジェットを使用してパンくずリストを簡単に追加することができるプラグインです。

テーマの編集などでコードを触らなくても挿入が可能で、設定項目もシンプルなのでWordPressが初めてという人でも簡単に設定できるはずです。

また、リストの階層としてカテゴリやタグも設定することができるため、サイトの同ジャンル内の移動がやりやすくなっています。

管理画面は最初から日本語で作成されているため何が書いてあるか分からないということは無いでしょう。

Breadcrumb NavXTの使い方

 

Breadcrumb

bc_pl_1

プラグイン管理画面で各設定を行い、ショートコードをテーマの編集などで貼り付けることでサイト内にパンくずリストを追加するプラグインです。

Homeの表示/非表示や現在位置の表記の仕方・リンク文字の色やフォントサイズなどを細かく設定することができます。

デザインテーマも5つから選べるため、外観的にオリジナリティのあるパンくずリストを作成することが可能です。

無料プラグインですが、カスタマイズ項目やテーマの追加された有料バージョンも利用できるのでより細部にこだわる人は有料でも良いでしょう。

Breadcrumb

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

DP RDFa Breadcrumb Generator

bc_pl_3

プラグイン管理画面にショートコードとその使用方法が書かれており、設定後にコードを貼り付けることによってサイト内にパンくずリストを挿入します。(コードを貼った後は設定画面から編集するだけで変更が反映されます)

リストに表示させる項目や、セパレータにどの記号を使うかなどの設定が可能となっています。

また、現在位置やHomeの表記も直接入力して自由に編集することができます。

DP RDFa Breadcrumb Generator

 

以上、パンくずリストを表示できるプラグインを紹介しました。

どの階層のどのページが表示されているというのが分かれば、読者としても回遊率が上がりますし、SEOの効果も期待できるので、ぜひ設定しておきましょう。

ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう!

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。