SQLに強くなろう!Ruby on Railsのfindメソッドの使い方【初心者向け】

RailsでSQL上で特定の条件で検索する際にfindというメソッドを使います。今回はそのfindを使ってデータベースの情報を取得する流れを説明していきます。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

RubyのフレームワークRailsでのfindを使ったデータベースの扱い方を解説している記事になります。

SQLで特定の条件で検索する際にfindというメソッドを使います。

今回はそのfindを使ってデータベースの情報を取得する流れを説明していきます。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回はfindについて解説しよう。

大石ゆかり

田島メンター!!findは何をするんですか〜?

田島悠介

データベースから指定したデータを検索する機能だよ。今はwhereというものに変わっているね。実際にやってみようか。

大石ゆかり

はい!

 

findについて

Ruby on Railsはデータベースとやり取りを行う際ActiveRecordというORM(Object-relational mapping)を使い行います。

そのActiveRecordの中でデータを取得する際に使用するメソッドがfindになります。

ORMは最終的にSQLを生成してデータベースとやり取りを行いますので、find文がどのようなSQLを生成するのか覚えておくと良いでしょう。

 

実際にfindを書いてみよう

最新版のRuby on Rails 4系ではfindメソッドを使用する場面は限定的になりました。

引数に取得したいレコードのidを指定してレコードを取得します。

引数は複数指定することも可能です。

なお、例ではUserモデルを使用します。

1件のみ取得する場合

User.find(1)

id=1のusersのレコードを取得します。発行されるSQLは下記の通りです。

SELECT  "users".* FROM "users" WHERE "users"."id" = ? LIMIT 1  [["id", 1]]

id=1のレコードが存在しない場合はActiveRecord::RecordNotFoundの例外が発生します。

e9888d47f12d2f08fae19ba0e339e672

使用するケースとしては、レコードが存在しなければならない時です。

例えばあるユーザにメッセージを送ろうとしたがそのユーザが既に退会(データベースから削除)されていた際、「そのユーザは存在しません」などのメッセージを表示するなどの対応があります。

 

大石ゆかり

このUser.find(1)というのはどこでやるんですか?

田島悠介

ターミナルで”rails console”(あるいはrails c)を実行してから、findを使うよ。終了するときはexitするのを忘れないようにしよう。

大石ゆかり

なるほど、了解です!

 

レコードが存在しない場合に例外を発生させない取得方法も存在します。

User.find_by(id: 1)

発行されるSQLは上記のfindと全く同じですがこちらはレコードが存在しなかった場合はnilを返します。

f074713cd80bda41c7b31d2412362774

レコードが存在する場合と存在しない場合で処理を分ける必要がある場合などはこちらを使用しましょう。

また、find_byの場合は特定のカラムでの条件検索も可能です。

例えばメールアドレスで検索する時は下記のように記載します。

User.find_by(email: 'sample@example.com')

発行されるSQLは下記のとおりです。

SELECT  "users".* FROM "users" WHERE "users"."email" = ? LIMIT 1  [["email", "sample@example.com"]]

複数件取得する場合

Ruby on Rails 4からfindではなくwhereというメソッドを使用して取得するように変更されました。

条件の指定方法はfind_byメソッドと同じように検索対象のカラムと値を指定します。

User.where(email: 'sample@example.com')

発行されるSQLは下記の通りです。1件取得時と比較するとLIMIT 1がなくなっていることがわかるでしょうか。

User Load (0.3ms)  SELECT "users".* FROM "users" WHERE "users"."email" = ?  [["email", "sample@example.com"]]

 

以上、findメソッドについて解説しました。

 

田島悠介

このように検索については、色々な指定方法があるよ。

大石ゆかり

これがあると、データベースから特定のものを探すときに便利そうですね。

田島悠介

最初にも言ったけれど、現在最新のバージョンではfindではなくwhereを使うことになっていることを覚えておこう。

大石ゆかり

分かりました、ありがとうございます!

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する