実際の現場で使える!Ruby on Railsのhas_manyの使い方【初心者向け】

Ruby on Rails内ではhas_manyというメソッドを利用することで、モデル同士でのリレーション(関連付け)を行うことができます。Webサービスを開発する中でモデル同士の関連付けはよく登場するのでぜひ覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyのフレームワークのRuby on Rails内ではモデル同士でのリレーション(関連付け)を行うことができます。今回はそのリレーションの中でも、has_manyについて解説したいと思います。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回はhas_manyについて解説するよ。

大石ゆかり

田島メンター!!has_manyはどこで使うんですか〜?

田島悠介

1対多のモデル同士の関連付けで使用するんだ。これはbelong_toとセットで覚えておこう。実際にどういう形になるか見てみようか。

大石ゆかり

分かりました!

 

なぜ関連付け?

それではまず、なぜ関連付けを行わなければいけないのかから解説したいと思います。
以下のような構造のブログがあったとします。

TechAcademyのブログ(User)
|— 初めてのRails(Post)
|— 初めてのhas_many(Post)

ブログ名をUser、ブログの投稿名をPostとするとモデルの定義は以下のようになります

Class User
end

Class Post
end

ここで、Userに関連付けた新しい投稿を作成したいと思います。すると、

@post = post.create(user_id:@user.id)

上のようにコード毎に毎回関連付けを行わなければいけなくなります。
さらに面倒なのは削除する際です。
ユーザーとそれに関連付いたPostを削除しようとすると以下のようになります。

@posts = Post.where(user_id: @user.id)
@posts.each do |post|
post.destroy
end
@user.destroy

コードも分かりにくくなります。
それをわかりやすくするためにhas_manyは存在しています。

 

田島悠介

「ブログ名」と「投稿された記事」という場合の例だよ。

大石ゆかり

UserがいないとPostは作成されないですから、この二つは切り離せない関係性がありますね。

田島悠介

そしてUserはひとつであるのに対して、Postは複数存在することになるね。こういうときに1対多の関連付けが有効になるんだ。

 

has_manyの使い方

has_manyの使い方はモデルに以下のコードを追加してください。

Class User
has_many :posts
end

Class Post
belong_to :user
end

すると、新しいPostを作成する際は、以下のコードで作成することができます。

@post = @user.post.create

さらに削除する際は、モデルを以下のようにし、

Class User
has_many :posts, dependent: :destroy
end

Class Post
belong_to :user
end

以下のコードを実行すると削除することができます。

@user.destroy

このようにhas_manyを使用するとモデル間の関係をわかりやすく表すことができます。今回の説明ではデータの作成と削除のみでしたが、has_manyにはまだまだ便利な機能が存在しています。興味のある方は調べてみてください。

 

田島悠介

has_manyとbelong_toを、それぞれのモデルに追記しよう。

大石ゆかり

ひとつのUserに、たくさんのPostが関連付けられるんですね。

田島悠介

Userのhas_manyのところでは「post」ではなく「posts」になっているよ。has_manyを使ったとき、対象のモデルは複数形になることを覚えておこう。

大石ゆかり

分かりました!ありがとうございます!

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。