テックアカデミーDX研修導入事例 – テクノ建設サービス株式会社様

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

この記事を書いた人

テックアカデミーマガジン編集部

テクノ建設サービス株式会社様の概要

テクノ建設サービスは、ビルやマンションの改修・大規模修繕工事を専門とした企業として、これまで数多くのお役様の資産の維持・再生・向上に努めてきました。

現在では、時代とともに変化するニーズに応じた大規模修繕工事の提案が求められています。

テクノ建設サービスでは、お客さまそして社会のニーズに応えるため、常にICTを軸とした技術力向上に取り組んでいます。

さらに、ライフサイクルコスト低減を目指し、長期保証を可能にしたオリジナル新商材による大規模修繕周期の長期化を実現しました。

気球温暖化、CO2削減等の社会課題にも積極的に取り組み、建物の外断熱化による省エネルギー改修も行なっています。

URL : https://techno-k-s.co.jp/

インタビュー回答者

・工事部業務課 主任 中野 雄介様

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

テクノ建設サービス株式会社様の導入背景

研修導入前のご要望

  • ITの環境が急激に変わりすぎていて、社員もついていけていない
  • パソコンの設定も含め、そもそも基礎が分からない
1時間でできる無料体験!

研修受講コース

バーチャル・クラスルーム研修

デジタル化への取り組みに関する基礎情報を身に付け、数あるDXの中から適切なDXを把握し、具体的な取り組みイメージを掴むことができます。

研修導入後の変化

  • 研修をきっかけに業務にITを取り入れることに対して、意識に変化をもたらせた
  • ITに対して感じていた敷居の高さがなくなり、自ら調べて積極的に取り入れるといった社員の考えの変化が業務に活かされるように

企業の規模が大きくなるにつれ、作業効率に問題が発生してきた

ー テクノ建設サービス様の会社概要と中野様の普段の業務内容について説明をお願いします。

中野様:当社では、主にマンションの大規模修繕工事を行っています。私はもともとは工事部で現場で仕事をしていたのですが、去年から内勤担当として工事のサポートを担当しています。そこで現場の業務を効率化するための解決策を模索していました。現場でも同じ作業を繰り返し行っている感覚がありましたので、それも含めて改善点を考えていました。

ー 現在、工事部は何名ほどいらっしゃるのですか。

中野様:本社の工事部は20名程度です。札幌と大阪を合わせると全体で80名程度です。今回は札幌の営業と工事担当も受講しました。

ー 研修を受講することになった背景について教えてください。

中野様:これまでは40〜50名の小規模な会社だったのでExcelだけで仕事が回せていたのですが、人数が増え、データ管理が難しくなったり、同じ業務の繰り返しや少々の無駄が目立つようになったため、業務を効率できないかという議論がありました。その時ちょうど某コンサル会社から提案の話をもらい、業務効率化に向けた取り組みを開始しました。

しかし取り組みを開始するにあたり、誰もITの基礎知識を持ち合わせていない状況でした。コンサル会社とのコミュニケーションを取る上で支障が生じていたため、IT基礎が学べる研修が必要だと考えました。最初はプログラミングを実際に学習するという話もあったのですが、まずは一度みんなでIT基礎の研修を受けてみようというところからスタートしました。

ー 受講者についてはどのように選定されましたか。

中野様:当初は本社勤務の5~6人で受講する予定でしたが、テックアカデミーさんから頂いた提案内容を当社役員が確認したところ、他の人にも受講させる方針に変わりました。
ここ数年でITの環境が急激に変わりすぎていて、私を含めて他の社員もついていけていない、パソコンの設定など、そもそも基礎が分からないというのが社員の共通の悩みでもありました。そんな中今回の研修の導入が決まり、社員同士で「興味があるなら受けてみたら?」という会話が生まれ、その結果、執行役員、部長、主任など幅広い層から希望者が集まり、最終的に20人での受講になりました。建設業しか経験したことがない人がほとんどなので、違う業界の分野に興味があったという点が参加希望者数が増えた背景にあると思います。

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料相談 に参加してみませんか?

現役エンジニア・デザイナーに何でも気軽に相談できる30分すべて無料で できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

想像していたよりもすぐに業務に活かせそうだと感じた

ー 研修サービスの中から、テックアカデミーを選択いただいた理由は何でしたか。

中野様:全社でのIT研修は今回が初めてで、色々と調査し複数の研修業者へ問い合わせをしたのですが、その中でテックアカデミーさんからすぐに連絡と提案をいただきました。内容も基礎を中心に学びたいという当社のニーズに合致していたので、受講してみようという話になりました。
また今回は3拠点に受講の対象者がいたことや、感染症対策の観点からリモートで受講することができるということもテックアカデミーを選択した理由の一つでした。

ー 研修中、どのように学習を進められていましたか。

中野様:業務内であらかじめ、各自予定を合わせてバーチャルクラスルームを受講していました。受講前に2〜3時間ぐらいの動画を視聴する宿題があったのですが、私から受講する社員に「1日30分ぐらい、少しずつ計画的に見てください」と念を押していました。事前に動画を見て、その内容を復習して分からなければ講師に質問する、といった流れがよかったです。
一方、時間が長いときにだれてしまうこともあったので、その辺りの時間調整がもう少し短めでも良かったかもしれません。

ー メンターへ質問をされましたか。

中野様:はい、毎回複数の社員から質問していましたね。チャットで全員が見えるところに質問やコメントを書き込んでいました。受講者は真面目に聞いていたようでしたが、もう少しメンターさんと口頭で直接コミュニケーションを取る機会があれば更に充実したかなと思います。

質問の内容は最初は基本的なところで、「ネットやニュースで出る単語はこう聞いているのですが本当ですか」とか、「今後はこういう流れになると聞いていますが本当ですか」といったものだったのですが、最後の方になると「こういう形で業務に活かせそうなのですが見本のデータをもらえますか」という業務に直結する具体的な質問に変わっていった印象です。

ー メンターとのやりとりで印象的だったことはありましたか。

中野様:どんな質問に対しても落ち着いて、的確に回答してくれるのが凄いなと思いました。素人にも分かりやすく説明していただいたので聞いていて納得ができました。

ITに対して感じていた敷居の高さがなくなり、自ら調べて積極的に取り入れるように

ー 学習を終えて全体の満足度、感想をお願いします。

中野様:講習を受け終えて、どれだけ我々が置いていかれているかという危機感を肌で感じました。
今回は4つのコースを受けたのですが、「単純作業を止める!日常業務効率化編」が一番印象に残っています。受講した社員同士「面白そうだね」「プログラミングが思っていたより簡単そうだった」という会話が生まれました。「自分達の業務の中で使えるんじゃないか」というのが頭の中にイメージとして浮かんでいるんだなと感じました。
もう1つ印象に残っているのは「まるっと分かるAWS入門編」です。
私もシステムのベンダーとクラウドやAWSについて話す機会がありますので、こういった知識が使えるんだなと思いました。

ー 研修で身についたこと、実務の際に活用したいと思った点はありますか。

中野様:これまで、社内でのIT規定のようなものがなかったのですが今回の受講を経て、セキュリティ対策も必要だねという議論が生まれ始めています。そういった社員の考えの変化が業務に活かされていくと考えています。あとはITに対する壁が低くなったと感じています。
外出が多い社員にはiPadを配布しているのですが、積極的に自分達で調べて使いこなしています。
今回の研修を受ける前は「本当に自分たちがやるの?」と言っていた社員も、今では自ら学んでファイルの整理などもしていると聞きました。

ー 今後、到達したい目標などございましたらお聞かせください。

中野様:現在システムを導入するためのプロジェクト担当として、全体のロードマップを作っているところなのですが、ベンダーと話す機会が増えてきます。システム構築プロジェクトの主要メンバーのスキルアップはもちろんですが、今回受講した社員の中から社内のシステム環境を取りまとめる人ができたらいいなと思っています。会社からリスキリングを推進されているので、ゴールを決めて今回のような学習の機会をまた設け、知識を向上させたいと考えております。

ー とても参考になりました。本日はありがとうございました。

1時間でできる無料体験!

テックアカデミーとは

ただ聞くだけの従来の講義型研修とは違い、実務を想定したカリキュラムで実践的スキルを短期間で確実に身につけられる法人向けオンラインITスキル研修。

現役のプロがパーソナルメンターとなり受講生一人ひとりのスキル習得を徹底サポートいたします。

一般社員向け、新卒/若手エンジニア研修などで幅広くご活用を頂いています。

1名〜数百名規模の研修まで企業様の用途に合わせてご受講が可能でございます。

研修でこんなお悩みありませんか?

従来の研修にありがちなお悩みが以下の内容になります。

  • 講義型の研修だとスキル定着に不安
  • 講義型の研修だと時間内でしか学習や質問ができない
  • IT研修、どれから選んでいいのかわからない

上記の悩みをテックアカデミーなら解決します。

現役プロのエンジニアが受講生をマンツーマンで徹底サポート

テックアカデミーでは現役で活躍するプロが受講生1人ひとりをサポートいたします。

メンターへの質問は随時行えるため「わからない」を解消でき、確実にスキルが身につきます。

オンライン学習だから時間と場所を選ばない

オンライン完結の学習システムを採用しているため、インターネット環境さえあれば場所・時間を選ばず研修が可能です。

通常業務に影響を与えることなく、空いた時間に研修を進めることができます。

目的別、対象者に合わせたラインナップ

目的別、対象者に合わせて研修をご用意しています。

時間がない/全くの初心者/受講後こうなって欲しい、そんなお客様のご要望にお答えします。

現役のプロが徹底サポート

第一線で活躍する現役のプロが実務経験を基に受講生を徹底サポートいたします。

マンツーマンメンタリング

週に2回ビデオチャットを使ってパーソナルメンターからマンツーマンサポートを受けられます。

チャットサポート

毎日のチャットサポートでは随時質問ができ、回答をもらうことができます。

回答無制限の課題レビュー

課題ができるようになるまで何度でもメンターからのレビューを受けることができます。

また、DX研修に関するご質問・ご相談などをお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:business@kiramex.com

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する