【アプリ開発にも役立つ!】プロトタイプを作成できるツール5選

プロトタイプを作成できるツールを紹介しています。Webサイトやアプリを開発する前にプロトタイピングを行う人は多いでしょう。今回は誰でも手軽に利用できるツールをまとめているので、ぜひ利用してみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

プロトタイプとはWebデザインにおいて、動作を確認するための試作品を指します。モックアップがレイアウトやデザインを見るものであるのに対して、プロトタイプは機能のついた骨組みの形になっています。

ここではプロトタイプを作成するサービスを紹介していきます。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ UI/UXデザインコースのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

Prott

pt5_1

作成も問い合わせも全て日本語で行うことができるプロトタイプ作成サービスです。
実際に作業しながらの丁寧なチュートリアルがあり、サポートも非常に充実しているのが特徴です。
画面遷移のエフェクトなども自由に選ぶことができます。
共有設定があり複数のメンバーでの作業が可能になっており、SlackやHipChatとの外部連携も備わっています。

Prott

 

ViewFlux

pt5_2

操作・サポートともに英語ですがQuick Tourメニューから一通りの作業の解説を見ることができます。
画像からリンクを設定する範囲を選ぶと、リンク先の候補がドロップダウンリストで一覧表示されるようになっています。
チームでの作成やDropbox等との連携も可能です。

ViewFlux

 

[PR] スマホアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

Marvel

pt5_3

他のユーザーが作成した作品をお気に入りにしたり共有したりすることができます。共同での作業も可能です。
英語サイトですが解説動画で操作方法を確認することができるようになっています。作業画面はポップで見やすいですが機能は豊富で本格的な制作が可能です。
使用する画像はDropboxやGoogle Driveから直接アップロードすることもできます。

Marvel

 

POP

pt5_4

スマートフォン向けの日本語対応プロトタイプ作成ツールです。
メモ用紙などアイデアを紙に描いたものを撮影し、アプリ内でそれらを繋ぐことができます。リンク箇所なども簡単に設定可能です。
PCでの作業も可能ですが、新規ユーザー登録にはiOSあるいはAndroidでのインストールが必要になります。

POPの使い方

 

Atomic

pt5_5

画像から範囲を選択し動作を行う条件・リンク先・アニメーション効果をドロップダウンリストから選択してプロトタイプを作成します。
スワイプを条件にする時にその距離の判定を決めるなど、詳細な設定が可能なのが特徴です。
英語サイトですがサンプルが一通り用意されており、動画での解説も見ることができます。

Atomic

 

プロトタイプが作成できるツールを5つ紹介してきました。

最近では、国内のサービスも多く日本語対応しているので言語の壁を感じずに利用することができそうです。一部有料のツールもありますが、ぜひ利用してみてください。

[お知らせ]TechAcademyではプロトタイプのツールを使って実践的にUI/UXデザインを学ぶオンラインブートキャンプ UI/UXデザインコースを開催しています。現役UI/UXデザイナーのサポートで学びたい場合はご参加ください。