【ゼロから作る!】初心者から始める!iPhoneアプリの開発手順とは

iPhone(iOS)アプリ開発をこれから勉強したいと考えている初心者向けに基礎から応用までまとめて紹介しています。どうやって進めたら良いか分からないという人は開発手順や便利なツールを知ることができるはずです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

iPhoneアプリの開発手順をゼロから紹介していきます。

今回の記事では、プログラミングをやったことがないという初心者の方にも分かりやすく2人のキャラクターを用いて解説しています。

「iPhoneアプリを作る上で準備しなければならないもの」 「iPhoneアプリをリリースしてみたい」「iPhoneアプリで収益を上げたい」などそれぞれシチュエーションに分けて細かく紹介しています。

 

では、iPhoneアプリの開発手順を実際に見ていきましょう!

 

今回の登場人物

 

20163020-2田島悠介(29)

元エンジニアで田島アプリスクールの代表。人の成長を見るのが一番のやりがいになっている。
好きな映画は『トスカーナの休日』

 

20160620

大石ゆかり(24)

3ヶ月前に田島アプリスクールに事務として転職してきた。
Instagramには3つの写真加工アプリで編集してからアップするという。

 

 

20163020-2

 

ゆかりちゃん!明日から始まるアプリ講座の参加人数って何人だっけ?

 

20160620

 

・・・・・。

 

20163020-2

 

・・・ゆかりちゃん??

 

20160620

 

・・・・。(Instagramのタイムラインに気を取られている)

 

20160620

あっ!田島さんすみません。

・・・で、なんですか??

 

20163020-2

 

明日から始まる講座の人数って何人だっけ?

 

20160620

15人ですよ!

それよりこういうインスタみたいなアプリってどうやって作るんですかー?

 

20163020-2

 

おっ!ゆかりちゃんもアプリ作ってみたいの?

 

20160620

 

はいっ!!だってアプリ作れたら稼げるって聞いたから!

 

20163020-2
(すごいミーハー感が・・・)
じゃあ、せっかくだからiPhoneアプリを公開する手順を一通り説明していくね!

 

20163020-2

 

ゆかりちゃんが気になってるお小遣い稼ぎの方法も最後に紹介するからね!

 

20160620

 

やった〜!!ありがとうございます!(これで世界一周行けるかな♪)

 

 

目次

 

iPhoneアプリ開発で準備するもの

iPhoneアプリを作る前に準備すべきものがいくつかあります。

xcode1-e1454912216556

  • Mac
  • Xcode

iPhoneアプリの開発を進めるためには上の2つが必要になるのです。

実際にApp Storeにリリースしたいと思っている方は、リリースまでに準備すべき6つのことをご覧ください。

すでにMacを持っている方は、Xcodeのインストール方法をご覧ください。

 


 

20160620

 

田島さん、iPhoneアプリってWindowsのパソコンじゃ作れないんですか??

 

20163020-2

良い質問だね!

iPhoneアプリを作るためのXcodeをインストールしたり、あとで紹介するアプリをリリースするためにMacが必要なんだ。

 

20160620

 

そうなんですね!やっぱりMacの方がカッコイイですもんね。

 

20163020-2
(やっぱりどこかミーハーなんだよなあ・・・)
じゃあ次は実際にアプリを作ってみる流れを説明するね!

 

 

[PR] iPhoneアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

実際にアプリを作ってみたい

せっかくXcodeをインストールしたらオリジナルのiPhoneアプリを作ってみたいと思うはずです。作りたいものが浮かばないという人は、サンプルアプリを紹介しているので、そのまま真似して作ってみるのも良いでしょう。

もし、実際にiPhoneアプリを作ろうと思ったら「企画→設計→開発」といった流れが一般的です。

企画

企画では、いつ誰が何のために使うのかなど具体的にアプリのイメージを考えます。個人で作るアプリであれば自分が欲しいと思うものが良いでしょう。

設計

設計では、画面設計図を作りましょう。手書きでも良いですが最近では、ProttCacooといったツールで誰でも簡単に作成できるのでぜひ試してみてください。

開発

企画や設計が終わったら実際にアプリを作っていきます。

iPhoneアプリは、Storyboard(ストーリーボード)というところで画面を作り、ソースコードを書いて正常な処理や動作を行います。

スクリーンショット 2016-06-24 16.12.25

例えば、写真のアプリを作る場合「カメラを起動している画面」と「写真を保存する画面」が少なくとも必要です。

①カメラでボタンを押して写真を撮る

②ライブラリに写真を保存する

この①と②を連動させるためにコードを書く必要があります。

そして、完成したら自分のiPhoneでテストしてみましょう。

実際にiPhoneでサクサク動くかどうか確認しておくことは重要です。

 


 

20160620

 

ソースコードってなんですか?

 

20163020-2

ソースコードというのは、コンピュータに何か命令を送る時に使う言葉なんだよ。

僕らが日本語や英語で会話するようにコンピュータにも特有の言語があるんだよね。

iPhoneアプリを作るときはSwift(スウィフト)っていう言語を使うことが多いよ!

20160620
Swiftって言うんですか??

テイラー・スウィフトとは何か関係があったりするんですかー?

20163020-2
いやいやテイラー・スウィフトとは何も関係ないよ(笑)
(それにしてもすごい連想だな・・・)

 

 

Appleにアプリをリリースしたい

iPhoneアプリを開発したら一般にリリースしたいものです。

AppStoreに公開するためには、iTunesConnect, DeveloperCenterというサイトで設定をし申請を行います。ちなみにリリースさせるためにはAppleのDeveloper登録が必要で年間11,800円かかります。

参考サイト

サルでもできるiOSアプリ公開手順~App store 登録~

 


 

20163020-2
最初にも言ったけど、iPhoneアプリをリリースするためにはMacでなければならないんだ。
ちなみにiPhoneアプリをリリースする際はAppleによる審査があるから覚えておこうね。

 

20160620

 

なんで審査なんてするんですか〜?

 

20163020-2

 

アプリを使う時に登録した個人情報が外に漏れないといったセキュリティ面や不快な表現がないかどうかの確認をするためだよ。

 

20160620

 

へえ〜意外と厳しいんですね!

 

20163020-2

 

そうなんだよね。だからみんな開発が終わってもたくさんテストして不具合がないか確認するんだよね。

 

20163020-2

 

さて最後は、ゆかりちゃんお待ちかねのアプリでの稼ぎ方について説明していくよ!

 

20160620

 

わあ〜!待ってました!

 

 

iPhoneアプリで収益を得たい

iPhoneアプリで収益を上げるためには3つの方法があります。

  • 有料ダウンロード
  • 広告
  • アプリ内課金

有料ダウンロードは、アプリを有料で販売することです。有料アプリはゲームが多く購入される傾向にあります。

ranking

広告はアプリ内に広告を表示して収益を得ます。アプリ自体は無料で使ってもらい、広告を出すことで収益が上げられます。

アプリ内課金はゲームに良く使われます。ゲーム内のアイテムを販売するなどして収益を得ます。

広告などを利用すれば個人でもアプリで稼ぐことができるでしょう。

 


 

20163020-2

 

ちなみにゆかりちゃんはどんなアプリを作りたいの?

 

20160620

撮った写真にプリクラみたいに可愛くスタンプとか文字を載せたいんです。あと、フィルターもおしゃれにして。

とにかく可愛くデコレーションができるアプリが欲しくて、できるならアプリで稼げたらいいなあなんて思ってます。

 

20163020-2

面白そうなアプリだね!

そのアプリで収益をあげようと思ったら例えば、無料のスタンプやフィルターを用意しておいて、もっとおしゃれなものを使いたいと思ったら課金するみたいな感じが良いかもね。

20160620
なるほど〜!
いろいろ教えていただきありがとうございましたっ!

 

 

おさらい

  1. iPhoneアプリの開発にはMacが必要!
  2. アプリを作る時は企画→設計→開発という順番で進めよう!
  3. アプリのリリースにはAppleのデベロッパー登録が必要!
  4. アプリで収益を得るには3つの方法がある!

 

一つアプリを作るだけでも必要な知識はたくさんありますが、自分で作れるようになれば今後もそのスキルが役立つはずです。

未経験だからといって諦める必要はなくぜひ自分のアイデアを形にしてみましょう!

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。