【ゼロから作る!】初心者から始める!iPhoneアプリの開発手順とは

iPhone(iOS)アプリ開発をこれから勉強したいと考えている初心者向けに基礎から応用までまとめて紹介しています。どうやって進めたら良いか分からないという人は開発手順や便利なツールを知ることができるはずです。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

nakamoto

アジマッチ有限会社 代表取締役
対応業務:PHP(Laravel)、機械学習、Vue.js、LAMP・AWS、越境EC、スマホアプリ、Unity、Rails、スマートコントラクト、講師、執筆、CTO

iPhoneアプリの開発手順をゼロから紹介していきます。

今回の記事では、プログラミングをやったことがないという初心者の方にも分かりやすく2人のキャラクターを用いて解説しています。

「iPhoneアプリを作る上で準備しなければならないもの」 「iPhoneアプリをリリースしてみたい」「iPhoneアプリで収益を上げたい」などそれぞれシチュエーションに分けて細かく紹介しています。

 

では、iPhoneアプリの開発手順を実際に見ていきましょう!

目次

今回の登場人物

 

田島悠介(29)
現役エンジニアで田島アプリスクールの代表。人の成長を見るのが一番のやりがいになっている。
テックアカデミーのメンター。好きな映画は『トスカーナの休日』

大石ゆかり(24)
テックアカデミーの受講生。
Instagramには3つの写真加工アプリで編集してからアップするという。

 

大石ゆかり

田島メンター!こういうインスタみたいなアプリってどうやって作るんですかー?

田島悠介

おっ!ゆかりちゃんもアプリ作ってみたいの?

大石ゆかり

はいっ!!だってアプリ作れたら稼げるって聞いたから!

田島悠介

(すごいミーハー感が・・・)
じゃあ、せっかくだからiPhoneアプリを公開する手順をひととおり説明していくね!
ゆかりちゃんが気になってるお小遣い稼ぎの方法も最後に紹介するからね!

大石ゆかり

やった〜!!ありがとうございます!(これで世界一周行けるかな♪)

 

iPhoneアプリ開発で準備するもの

iPhoneアプリを作る前に準備すべきものが2つあります。

xcode1-e1454912216556

  • Mac
  • Xcode

iPhoneアプリ(iOSアプリ)の開発を進めるためには上の2つが必要になります。

実際にApp Storeにリリースしたいと思っている方は、リリースまでに準備すべき6つのことをご覧ください。

すでにMacを持っている方は、Xcodeのインストール方法をご覧ください。

 

大石ゆかり

田島さん、iPhoneアプリってWindowsのパソコンじゃ作れないんですか??

田島悠介

良い質問だね!iPhoneアプリを作るためのXcodeをインストールしたり、あとで紹介するアプリをリリースするためにMacが必要なんだ。

大石ゆかり

そうなんですね!やっぱりMacの方がかっこいいですもんね。

田島悠介

(やっぱりどこかミーハーなんだよなあ・・・)
じゃあ次は実際にアプリを作ってみる流れを説明するね!

 

WindowsはiPhoneアプリ開発ができないのか?

WindowsでiPhoneアプリを開発することは可能です。

しかし、iPhoneアプリをリリースすることが難しいです。

iPhoneアプリをリリースするためには、必ずMacが必要です。

それではWindowsユーザーは、最新のMacを購入する必要があるかというとそうではありません。

様々な考え方がありますが、わかりやすい指標で言うと、Xcodeの動作が可能なMacであれば、最新のMacでなくても大丈夫です。

そして、iPhoneアプリの開発だけに絞るとMacのみで開発可能です。

 

UnityでiPhoneアプリ開発

Unityとは、Unity Technologiesが開発するゲーム開発環境です。

C#やJavaScriptを利用してゲーム開発が可能です。

C 、C++、Objective-C で書かれたカスタムのネイティブな関数を C# スクリプトから呼び出すことも可能です。

Unityでゲーム開発を行うメリットは、アセットストアの素材を利用できることです。

アセットストアでは、音楽、キャラクター、ほぼできあがっている状態のゲームテンプレートなどが無料・有料で販売されています。

 

React NativeでiPhoneアプリ開発

React Nativeとは、Facebookが開発しているReact.jsというJavaScriptのライブラリを利用した、モバイル端末用のJavaScriptフレームワークです。

JavaScriptを利用すれば開発できるということで、これまでのiPhoneアプリ開発に比べ、格段に開発者の裾野が広がりました。

ネイティブUIを利用してTypeScriptも利用できることから、フロントエンドエンジニアと言われているJavaScriptを得意とするエンジニアも、iPhoneアプリ開発に取り組むことが可能です。

 

IonicでiPhoneアプリ開発

Ionic FrameworkはIonicが開発する、オープンソースのUIツールキットです。

HTML、CSS、JavaScriptを使っているフロントエンドエンジニアであれば使いやすいと思います。

Angular や React 、 Vue といったJavaScriptの人気フレームワークと併用して、TypeScriptも利用可能です。

iOS、Android、 Webアプリ(PWA可能)、 Electronで動作します。

ReactNativeとの違いは、UIがWeb Componentを利用しており、アプリ内でコンテンツを表示するWebView上で動作するという点です。

 

FlutterでiPhoneアプリ開発

FlutterはGoogleがリリースしている開発フレームワークです。

Dartという言語を利用します。

現在Flutter2がリリースされたことで、基本実装で同じコードをネイティブアプリ(iOS、Android)、Windows、macOS、Linuxで利用可能になりました。

ToyotaもFlutterを採用する計画があるそうです。

 

MonacaでiPhoneアプリ開発

Monacaとは、HTMLとJavaScriptを利用した開発環境です。

Monacaではクラウド上での開発が可能です。

クラウド上での開発が可能ということは、手元のPCに開発環境を構築する必要がないというメリットがあります。

 

RAD StudioでiPhoneアプリ開発

RAD StudioはWindows、Android、iOS、macOS、Linuxアプリケーション構築をサポートする統合開発環境です。

C++とDelphiという言語で開発可能です。

有償製品のため、サポートが充実しています。

無料トライアルも可能です。

 

[PR] iPhoneアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

Xcodeで利用するプログラミング言語

XcodeでiPhoneアプリを開発する上で、SwiftとObjective-Cが利用されます。

Objective-CでiPhoneアプリ開発も可能ですが、Apple自身がSwiftの利用を推奨しているため、初心者の方にはSwiftの利用をおすすめします。

 

Swift

Swiftは、2014 年からApple製品専用の言語として開発されました。

AppleはiPhoneアプリを開発する際、Swiftを推奨しています。

Objective-Cよりシンプルで、初心者にも使いやすく、処理速度も速いです。

 

実際にアプリを作ってみる

せっかくXcodeをインストールしたらオリジナルのiPhoneアプリを作ってみたいと思うはずです。

作りたいものが浮かばないという人は、サンプルアプリを紹介しているので、そのまま真似して作ってみるのも良いでしょう。

もし、実際にiPhoneアプリを作ろうと思ったら「企画→設計→開発」といった流れが一般的です。

企画

企画では、いつ誰が何のために使うのかなど具体的にアプリのイメージを考えます。

個人で作るアプリであれば自分が欲しいと思うものが良いでしょう。

設計

設計では、画面設計図を作りましょう。

手書きでも良いですが最近では、ProttCacooといったツールで誰でも簡単に作成できるのでぜひ試してみてください。

開発

企画や設計が終わったら実際にアプリを作っていきます。

iPhoneアプリは、Storyboard(ストーリーボード)というところで画面を作り、ソースコードを書いて正常な処理や動作を行います。

スクリーンショット 2016-06-24 16.12.25

例えば、写真のアプリを作る場合「カメラを起動している画面」と「写真を保存する画面」が少なくとも必要です。

1.カメラでボタンを押して写真を撮る

2.ライブラリに写真を保存する

この1と2を連動させるためにコードを書く必要があります。

そして、完成したら自分のiPhoneでテストしてみましょう。

実際にiPhoneでサクサク動くかどうか確認しておくことは重要です。

 

大石ゆかり

ソースコードってなんですか?

田島悠介

ソースコードというのは、コンピュータに何か命令を送る時に使う言葉なんだよ。
僕らが日本語や英語で会話するように、コンピュータにも特有の言語があるんだよね。
iPhoneアプリを作るときはSwift(スウィフト)っていう言語を使うことが多いよ!

大石ゆかり

Swiftって言うんですか??
テイラー・スウィフトとは何か関係があったりするんですかー?

田島悠介

いやいやテイラー・スウィフトとは何も関係ないよ(笑)
(それにしてもすごい連想だな・・・)

 

アプリをリリースしてみる

iPhoneアプリを開発したら一般にリリースします。

App Storeに公開するためには、iTunesConnect, DeveloperCenterというサイトで設定し、申請を行います。

ちなみにリリースさせるためにはAppleのDeveloper登録が必要で年間11,800円かかります。

参考サイト

サルでもできるiOSアプリ公開手順~App store 登録~

 

田島悠介

最初にも言ったけど、iPhoneアプリをリリースするためにはMacでなければならないんだ。
ちなみにiPhoneアプリをリリースする際はAppleによる審査があるから覚えておこうね。

大石ゆかり

なんで審査なんてするんですか〜?

田島悠介

アプリを使う時に登録した個人情報が外に漏れないといったセキュリティ面や不快な表現がないかどうかの確認をするためだよ。

大石ゆかり

へえ〜意外と厳しいんですね!

田島悠介

そうなんだよね。だからみんな開発が終わってもたくさんテストして不具合がないか確認するんだよね。
さて最後は、ゆかりちゃんお待ちかねのアプリでの稼ぎ方について説明していくよ!

大石ゆかり

わあ〜!待ってました!

 

アプリで収益を得る

iPhoneアプリで収益を上げるためには3つの方法があります。

  • 有料ダウンロード
  • 広告
  • アプリ内課金

有料ダウンロードは、アプリを有料で販売することです。

有料アプリはゲームが多く購入される傾向にあります。

ranking

広告はアプリ内に広告を表示して収益を得ます。

アプリ自体は無料で使ってもらい、広告を出すことで収益が上げられます。

アプリ内課金はゲームによく使われます。

ゲーム内のアイテムを販売するなどして収益を得ます。

広告などを利用すれば個人でもアプリで稼ぐことができるでしょう。

 

田島悠介

ちなみにゆかりちゃんはどんなアプリを作りたいの?

大石ゆかり

撮った写真にプリクラみたいに可愛くスタンプとか文字を載せたいんです。あと、フィルターもおしゃれにして。とにかく可愛くデコレーションができるアプリが欲しくて、できるならアプリで稼げたらいいなあなんて思ってます。

田島悠介

面白そうなアプリだね!そのアプリで収益をあげようと思ったら例えば、無料のスタンプやフィルターを用意しておいて、もっとおしゃれなものを使いたいと思ったら課金するみたいな感じが良いかもね。

大石ゆかり

なるほど〜!
いろいろ教えていただきありがとうございましたっ!

 

おさらい

  1. iPhoneアプリの開発にはMacが必要!
  2. アプリを作る時は企画→設計→開発という順番で進めよう!
  3. アプリのリリースにはAppleのDeveloper登録が必要!
  4. アプリで収益を得るには3つの方法がある!

 

 

監修してくれたメンター

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークによるフランチャイズ企業向け会員制SNS。Shopifyによる海外進出用大規模ネットショップ構築。Vue.jsによる金融機関向け内部アプリ。AWSやLinuxハウジングサーバでの環境構築。人工知能を利用した画像判別システム。小売チェーン店舗用スマホアプリ。WordPressによる不動産チェーン店向け賃貸・売買仲介システム。基幹システム移管用データコンバートシステム。ボランティア活動:小学生がオリジナルAndroidアプリをGoogle Playでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programming Festival入賞、中学生がSNS型PWAアプリリリースする市クラブ講座活動を行っている。

 

iPhoneアプリ開発を学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのiPhoneアプリコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、Swiftを学習・勉強して短期間でオリジナルのiOSアプリを開発できるようになります。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!