【Webサイトをアプリに変換!】誰でも簡単に「Joren」でアプリが作れる!

自分で持っているWebサイトをアプリにできるサービス「Joren」が登場しています。プログラミング不要でできるようなので、誰でも手軽に導入できます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

自分で持っているWebサイトをアプリにできるサービス「Joren」が登場しています。

WebサイトのURLを入力することで、スマホアプリを簡単に作成できるというサービスです。

自分で運営しているブログや、Webサービスをアプリに変換できるので今までチャレンジしてこなかった方はぜひ試してみてください。

 

以下、Jorenについて紹介しています。

スクリーンショット 2016-05-20 12.28.09

プログラミング不要でできるようなので、誰でも手軽に導入できそうです。Webサイト自体は、WordPressなど手軽に公開できるツールが増えていますがアプリはまだまだ少ないのが現状です。

アプリ開発はハードルが高くてこれまで挑戦してこなかったという人でも、JorenではiOS, Androidに対応しているので手間をかけずにリリースさせることができるでしょう。

 

記事配信をするようなニュースメディアには相性が良いでしょう。新着記事のプッシュ通知を行うこともできるので、普段使っているアプリのような印象を与えることができます。

スクリーンショット 2016-05-20 12.28.37

また、用意されているデザインでミュージシャン向けのものもあります。

ライブの情報など定期的にファンとのコミュニケーションが取れます。最近ではライブやフェスといった毎年恒例のイベントも増えてきているので、アプリ上で各年のコンテンツを蓄積しておくのも良いでしょう。

スクリーンショット 2016-05-20 12.28.54

他にもいくつかテーマが利用できるようです。

これからリリースということもあり最初は気に入ったテーマが見つかるか分かりませんが、今後テーマの数も増えていくでしょう。

また、単にアプリにするだけでなくコンテンツの管理やデータ分析も管理画面上で行うことができます。Webサイトを運営するのと同じようにアプリも提供することができそうです。

 

現在はまだ事前登録の段階ですが、自分のサイトをアプリにできるのは楽しみですね。

今回はWebサイトをアプリに!というサービスでしたが、シンプルにアプリが作れるツールも合わせてご覧ください。

アプリに興味がある人は、ぜひ利用してみましょう。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。アプリを開発するスキルを身につけましょう!