【入門編!】Webデザインをする上で役立つツールまとめ

Webデザインを入門から学びたい人向けに便利なツールを紹介しています。Webデザインと一言で言っても、配色やフォント、バナー作成や画像のサイズなどいろいろなスキルが求められるものなので、使えるようになっておくと良いでしょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Webサイトをゼロからデザインするのはなかなか大変なことです。配色やレイアウト、使用するフォントや画像など考えなければならないことがたくさんあります。

そこで今回はWebデザインするときに役立つツールをご紹介。うまく活用すればWebサイトの制作もぐっと楽になるので、ぜひ活用してみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

 Heu/360

Heu-360

 

Heu/360

基本となる色を1色選ぶだけでメインカラーと調和する複数の色を自動的にピックアップしてくれるWebツールです。

色空間・色相・彩度、背景色の設定も変更でき、好みの色を探すのに役立ちます。選択した複数の色のカラーコードも取得できます。

 

2.5dButton Flat UI Elements

2.5dButton-Flat-UI-Elements

 

2.5dButton Flat UI Elements

フラットデザインに適したボタンを簡単に作成できるサービスです。

スライダーを動かすことで円形や長方形、正方形のボタンが作成できます。テキストの大きさ、アイコンの大きさ、長さ、背景色など細かい部分も調整可能なので、好みに合ったボタンが作成できます。

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

Dynamic Dummy Image Generator

Dynamic-Dummy-Image-Generator

Dynamic Dummy Image Generator

ウェブサイトを作成する際に使うダミー画像が作れるサービスです。フォームに画像のサイズや背景色、テキストなどを入力するだけで、簡単にダミー画像が作れます。

写真やイラストなどがない状態でも、ウェブサイトの製作を進めていくことができるので非常に便利です。

 

 Subtle Patterns

Subtle-Patterns

Subtle Patterns

ウェブサイトの背景などに使える背景テクスチャをダウンロードして使えるサービスです。約300種類あるテクスチャの中から好きなものを選んでダウンロードできます。背景素材として合うかどうか試しにプレビュー表示することもできます。

 

 ColorZilla

ColorZilla

ColorZilla

ウェブサイト上のカラーコードを取得できるChrome/Firefoxブラウザの拡張機能です。ネットサーフィン中に気になった色の情報をすばやく知ることができます。取得したい色の部分をクリックするだけでカラー情報が表示されます。

 

Whatfont Tool

Whatfont-Tool

Whatfont Tool

Webサイトのフォントサイズや種類、カラー情報などをチェックできるChromeブラウザの拡張機能です。ネットサーフィン中に気になったフォントの情報をすばやく知ることができます。

ウェブサイト上のテキストにカーソルを合わせるだけでフォント名が表示され、フォントのサイズなど詳細情報も確認できるようになっています。

 

 Page Ruler

Page-Ruler

Page Ruler

ウェブサイト上にある画像やコンテンツのサイズを測定できるChrome/Firefoxブラウザの拡張機能です。ドラッグ&ドロップで簡単にサムネイル画像の大きさやコンテンツの間隔などが測定できます。

 

PerfectPixel

PerfectPixel

PerfectPixel

ウェブサイト上で作成した画像を重ね合わせてチェックできるChrome(Firefox/Safari/IE)ブラウザの拡張機能です。画像をウェブサイト上で半透過で表示できるので、デザインのズレがはっきり分かります。

Chromeブラウザなどのデベロッパー・ツールと組み合わせて使用することで、スムーズにCSSを調整することが可能です。

 

 Wirify

Wirify

Wirify

ウェブサイトのレイアウトをワイヤーフレーム化するサービスです。閲覧しているウェブサイトの「レイアウト」情報だけを視覚化して表示することができます。

「Wirify」をブックマークツールバーに入れた後、ウェブサイトを開いてボタンを押すだけで利用できます。

 

 XRAY

XRAY

XRAY

ウェブサイト上にあるコンテンツのCSS情報を表示するブックマークレットです。サイト上にある特定の部分をクリックするだけで、プロパティや値の情報を知ることができます。Chromeブラウザなどのデベロッパー・ツールよりも見やすいので初心者におすすめです。

 

Sketch

sketch

Sketchの使い方

Mac OS専用のベクタードローイングツールです。UIデザインやWebデザインに特化しているため、シンプルな機能で直感的に操作できます。

アイコンやUIテンプレート、画像など多くの素材とプラグインが用意されているのが魅力です。

 

 Canva

Canva
Canva

ブラウザ上で簡単にバナーやSNS用の画像、ポスターなどが作成できるサービスです。豊富なテンプレートが用意され、文字や色を変えることでオリジナルの作品が作れます。

自分で用意した写真や画像を使用することもでき、テキストやフォントの種類、サイズ、色なども調整可能です。

 

今回はWebデザインするときに役立つツールをご紹介してきました。なるべく初心者でも使いやすいものを選んできたつもりですが、他にも使いやすく便利なツールはたくさんあります。ぜひ自分に合ったツールを見つけて、より効率的に作業できるように活用してみてください。

他にも、Webデザイナーとはどんな仕事をするのか詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。