【プログラミング初心者必見!】Webとモバイル!どちらを最初に学習するべきか?

「Web開発」と「モバイル開発」どちらのプログラミング言語を学ぶべきかは、エンジニアというキャリアを目指す上で難しい問題です。初心者の方はプログラミング学習の決断をする上でぜひ役立ててみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

本稿は、CourseReportブログ記事を、CourseReportより了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

「Web」と「モバイル」どちらのプログラミング言語を学ぶべきかは、キャリアに関わる難しい問題です。その答えを出すために今回のガイドを参考にしてみてください。

 

Web開発とモバイル開発で使用する言語とは

人気が高い主なWeb 開発言語には C#、Java、JavaScript、RubyPHP とPythonがあります。Web 開発の短期講座に登録すると、どんなWebサイトを作るにしても役立つHTML とCSS 、JavaScript を学ぶことから始めるでしょう。

一方、モバイル開発言語には iOS のためには、SwiftとObjective-C。そして Androidの開発には、Java があります。iOS の場合、アップルはiPhone・iPad・Macのためのアプリを作るために統合開発環境 Xcodeを用意しています。

あなたが iOS中心のモバイル開発を行う短期講座に登録するなら、間違いなくアップルの新しいプログラム言語、Swiftと同じようにXcodeについて一通り学ぶでしょう。

 

なぜWebエンジニアの方が多いのか?

多くのエンジニアたちは、Webの方がモバイルよりも簡単に学べるように感じています。

Webには長い歴史があり、初心者でも開発を始めやすいようにツールやフレームワーク、チュートリアルなどが豊富に用意されているからでしょう。

実は、iOS用のモバイル開発であっても初心者でも開発しやすいように統合開発環境が用意されているのですが。

いずれにせよ、変化の激しいテクノロジー産業で成功するにはソフトウェアエンジニアとしての経歴が必要でしょう。だからプログラマーにとって、業界の新しいツールと技術を学べるような恵まれた環境にいることは非常に重要なことなのです。

 

その分野で働こうとする人たちのためにも、どんな技術が要求され、どのような人が雇われているか、市場について少し調べておくことは重要です。市場が好調であっても、経験の浅いiOS開発者やAndroidのみのエンジニアを雇い入れることはより厳しくなっています。優れたエンジニアであればあるほど、まだ誰も学んだことがないようなネイティブモバイルアプリの開発へシフトすると言われているのです。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

2人のエンジニア出身の意見とは

Telediniのプロダクト開発の副社長である Jason Deegan は、「初心者はWebの基本をしっかり持つことから始めるべきである」と述べています。

しかし、他の人たちと差別化を図ろうとするとき、ネイティブのiOSやAndroidの開発は増大するモバイル市場において非常に重要な資産になります。

 

DigitalCraftsの集中講座のインストラクターであるRob Bunchは次のように述べています。

「私は求職活動をしたことで、ほとんどの雇用主がしっかりとした基礎を持ったWebエンジニアを必要としていることに気づきました。たいていの雇用主は、モバイルアプリの開発をほとんど行っていないにもかかわらず、その開発経験があるかどうかたずねます。

求人市場が活発になると、アプリを開発できる人材がよりいっそう求められるようになるでしょう。しかし現在の求人市場では最初にWebエンジニアを求め、アプリのエンジニアはあくまで採用できたらいいなという希望レベルなのです。」

 

Web とモバイルの両方を学ぶことは可能なのか?

アトランタのDigitalCraftsは、学生たちにモバイルとWebを同時に学べる革新的なモデルを作りました。

一方、General Assemblyのプログラムとして、BlocとThinkful は生徒たちにモバイルとウェブの部分的なコースを提供しています。またDigitalCraftsでは12週間のiOSアプリ開発の短期集中講座を提供しています。その講座では初心者二人にフルスタックのウェブ開発を教える16週間のオプションもついています。

 

なぜ同時にモバイル、Web の両方の開発を提供する必要なのか、 DigitalCrafts のチームはその問いに次のように答えています。

私たちはできる限り働けるくらいのレベルで卒業させてあげたいと思っています。

だからDigitalCraftsでは「学生たちが雇われやすくなるにはどうしたらいいか」を考えて、Webとモバイルの両方を学べるように授業を行っているのです。雇用主にとって、ネイティブのiOS開発は最も必要としている技術です。多くの技術に精通していれば、それだけ多才で貴重なエンジニアに見られます。

 

初心者のエンジニアがどこからスタートすべきかを決めるのは難しいことのように思えます。

しかしエンジニアとして成功するには、学び続けてキャリアを成長させ続けることが必要です。エンジニアとして情熱をもって取り組むためにも、絶えず変化してチャンスをつかみとってください。

まずは今現在あなたが働こうとしている市場と仕事をチェックしてみましょう。それから興味をもったスクールを訪問し、インストラクターやスタッフに会ってみましょう。

CodecademyやTreehouseのように無料で利用できるサイトを調べてみるのもいいでしょう。それから、何かあなたが楽しんでいられそうな開発部門のためによいアイディアが得られる個人のワークショップも調べるのもおすすめです。

 

あなたがどこからキャリアをスタートさせるにしても、それを成し遂げるにはあまりにも時間がかかります。だからこそ、とにかく始めることが重要なのです!

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。Webやモバイルを学びたい人はぜひご覧ください。