今すぐ知っておきたい!SEOとSEMの違いとは【初心者向け】

初心者向けにSEMとは、そしてSEOとの違いについて解説。Webマーケティングを業務にする上では欠かせない言葉なので、今すぐ覚えておきましょう。Webサイト運営者に役立つSEMに関する知識を紹介しているので、ぜひご覧ください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Webサイトを運営していく中でよくSEOという言葉。SEOは言葉も意味も知っている人は増えていると思いますが、SEMとは何なのか分からないという人は多いでしょう。

今回はSEMについて初心者向けに解説していきます。

SEOについても詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebマーケティングオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

目次

 

SEMとは

SEMとは、Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)の頭文字三文字をとった広告用語で、日本では「リスティング広告」と読み替えられます。

昨今のスマートフォンの普及により、検索エンジンから如何に自社サイトに流入させるかが多くの企業の課題になっています。SEMはこの課題を解決する広告を利用したひとつの手法です。

 

[PR] Webマーケティングで挫折しない学習方法を動画で公開中

SEOとの違い

SEOとSEMの一番の違いは広告か広告でないかです。SEOは自社サイトをGoogleなどの検索エンジンに最適化して自然と検索結果上位を狙う施策です。サイト構築にコストはかかりますが、広告ではありません。

一方SEMは、検索結果上位をコストを出して買いに行く広告です。ですので、検索エンジンからの評価が低くても一定のコストを払えば指定のキーワードで検索結果の上位に自社サイトを表示することができます。

 

SEMとSEOの表示

SEMは以下の図の赤枠、SEOは青枠になります。SEMの目印は「広告」とアイコンで表示してあるところです。

seo-620x642

 

SEMを企業がやる理由

企業がSEMを行う理由は大きく3つ存在します。

 

SEOで補完できない集客の確保

企業サイトは企業名やブランド名などの指名キーワードでのSEOは強いことが多いですが、一般的なキーワード、例えば「カメラ」「テレビ」「時計」などといったキーワードでは上位に出てこないことが多くあります。

一方で、そのようなキーワードを入力する特定の興味を持ったユーザーを集客したいと思うのが企業側で、それを実現するためにSEMを行います。

 

ブランディング

企業名での検索ワード(たとえば、Panasonic、Sony、Toshibaなど)で検索した際に、ECサイトなど他のサイトがSEMにより上位表示されることがあります。

この状況は、他社にブランディングを棄損されている状態と言われており、この対処として企業名を指名で検索したユーザーに対し、しっかり自社サイトにいざなうためにSEMを活用することがあります。

 

ECの売上

ECサイトを運営している企業の場合、ECの売上を上げるためにSEMを活用します。商品名や購入に近いキーワードでリスティング広告を出しサイトに集客、そのまま受注を狙います。

 

以上、SEMとは何なのか、SEOとの違いは何なのか解説しました。言葉自体は似ていますが、取り組む内容は大きく変わってくるのでぜひ覚えておきましょう。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でWebマーケターになれるWebマーケティングオンラインブートキャンプを開催しています。SEOも含めてメンターのサポートによって短期間で習得可能です。