【初心者向け】Javaの習得に欠かせないクラスとは!

初心者向けにJavaのクラスとは何なのかについて詳しく解説しています。Java言語で覚えておきたいクラスやオブジェクトなど実際にコードを書きながら説明しています。プログラミングを身に付けたい人はぜひご覧ください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回はJavaのクラスについての基本について説明したいと思います。

クラスはJavaを使いこなす上で欠かせない知識になるので、エンジニアを目指す方であれば特に理解しておきたい内容です。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説している記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

なお、今回の記事の内容は動画でもご覧いただけます。

テキストよりも動画の方が理解しやすいという場合はぜひご覧ください。

目次

 

大石ゆかり

田島メンター!!Javaのクラスについて教えてください!

田島悠介

クラスはデータと処理をひとつにまとめたものだよ。データを「フィールド」、処理を「メソッド」と言うんだ。

大石ゆかり

どうしてクラスを利用するんですか~?

田島悠介

クラスを作っておくことでそれらを組み合わせたり、再利用したりすることができるようになるんだよ。

 

クラスとは

Javaのプログラムを書いたことのある方は見たことあるとは思いますが、プログラムの1番外に書かれているものです。

classの書き方は次の通りです。 class書き方 classというのはJavaのプログラムを書く上での土台のようなものです。 classには「publicクラス」と「privateクラス」が存在します。

上記のような宣言を修飾子と言います。 そのあとにある「sample」はクラスの名前です。 上記サンプルコードでは中身がないclassが出来上がっていますが、これに中身を付属させていくことでプログラムを組み立てます。

上で説明した「public」と「private」の違いは利用できる場所の違いです。 「public」は外部から利用できる場所のことで、「private」とついている場所は外部からの利用ができない範囲です。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

オブジェクトの書き方

一つ目で作った「class」を使ってオブジェクトを作ってみましょう。

書き方は以下の通りです。

 

objectの書き方

クラス 変数 = new クラス();

と書きます。 これでオブジェクトが生成されます。 これをインスタンスと呼びます。 インスタンスとはクラスごとのメモリの確保を言います。

 

田島悠介

クラスはそのままでは利用できないので、それを元にしてオブジェクトというものを生成するんだ。

大石ゆかり

オブジェクトを作ることで使えるようになるんですね。

田島悠介

そうだね。この実体化することをインスタンス化と呼ぶよ。

 

実際にクラスを書いてみよう

上記の説明はあくまでも概念的なものです。 ここからは実際にコードを書くことで、Java特有の書き方に馴れていきましょう。

下のコードを、実行してみましょう。

register.java

public class register{
  /*レジに入っているお金*/
  int total = 0;
  /*レジにお金を登録*/
  void regist(int money)
  {
    total = total + money;
    System.out.println(money+"registered.");
  }
  int finalmoney()
  {
    return total;
  }
  public static void main(String[] args)
  {
    /*regiのオブジェクト、インスタンスを生成*/
    register regi = new register();
    regi.regist(1000);
    regi.regist(500);
    int total = regi.finalmoney();
    System.out.println("now,"+total+":registered.");
  }
}

実行結果

1000:registerd.
500:registerd.
now, 1500:registerd

次に2つのオブジェクトを生成しましょう。

 

register.java

public class register
{
  /*レジに入っているお金*/
  int total = 0;
  /*レジにお金を登録*/
  void regist(int money)
  {
    total = total + money;
    System.out.println(money+"registered.");
  }
  int finalmoney()
  {
    return total;
  }
  public static void main(String[] args)
  {
    /*regi1,regi2のオブジェクト、インスタンスを生成*/
    register regi1 = new register();
    register regi2 = new register();
    regi1.regist(1000);
    regi2.regist(500);
    int total1 = regi1.finalmoney();
    int total2 = regi2.finalmoney();
    System.out.println("now,regi1:"+total1+":registered.");
    System.out.println("now,regi2:"+total2+":registered.");
  }
}

 

実行結果

1000:registerd.
500:registerd.
now, regi1:1000:registerd
now, regi2:500:registerd

このようにしてJavaのclassを生成してきます。

上記のソースコードについて軽く説明していきます。 上記2つのソースコードはレジの登録システムを模したものです。 「main」内部で、最初に行っている部分がインスタンスです。

2のソースコードでは「regi1」と「regi2」の2つのオブジェクトを生成しています。 それによって、2種類のものができていることが分かります。 クラスの書き方についてわかったでしょうか。 Javaの基本となるので押さえておきたいですね。

 

田島悠介

クラスに関する解説は以上だよ。

大石ゆかり

newによって、オブジェクトが生成されるんですね。

田島悠介

クラスとオブジェクトの関係は、Javaにおいてとても大事な概念なのでしっかりと内容を把握しておこう。

大石ゆかり

簡単なコードで練習してみます。ありがとうございました!

 

また、Javaの学習サイトもまとめているので、合わせてご覧ください。

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。