米ヤフー(Yahoo)、2014年に5億人の個人情報流出!国家が関与か

インターネット検索の大手、米ヤフーは、2014年末に最低5億人分の個人情報が流出していたと発表。国家の支援を受けた者が社内システムに侵入した形跡があるようですが、日本のヤフー利用者が含まれているという情報はないとしています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

インターネット検索の大手、米ヤフーは、2014年末に最低5億人分の個人情報が流出していたと発表。

「国家の支援を受けた者が社内システムに侵入した形跡がある」としており、米捜査当局と調査を続けているようです。ヤフー日本法人は「今のところ日本のヤフー利用者が含まれているという情報はない」としています。

 

盗まれた情報には、ユーザー名・メールアドレス・電話番号・生年月日・パスワードなど。保護されていないパスワードやクレジットカード、銀行口座などの情報は含まれていない模様と説明しています。

現在、米ヤフーは影響のあるユーザーに対して、メールによる通知を開始しています。このメールでパスワードの変更と新たな認証方法の追加を求めているようです。

メールの文面

 

今後の対策

米ヤフーは、漏洩で影響を受けなかったユーザーに対してもYahoo Account Keyという新たな認証ツールを使うことを勧めています。こういった漏洩が起きた場合、他のハッカーも情報を盗もうとするのが多くあります。今回の事件は、国家が関与している可能性もあるということで誰しもハッキングできるわけではないと思いますが、セキュリティが脆くなっていることは間違いないでしょう。

今回の事件を受けて、フィッシングメールを受け取る頻度が増えるでしょう。こういったメールは、リンクをクリックすることで偽サイトにリダイレクトされ、個人情報を盗み取るために行われます。

むやみに送られてきたメールの中身を開いたり、返信しないよう気を付けましょう。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。