Canvasを覚える!HTMLでアニメーションを作成する方法【初心者向け】現役エンジニアが解説

初心者向けにHTML5のCanvasを使ってアニメーションを作成する方法について解説しています。お絵描きアプリなどでよく利用されているCanvasタグですが、アニメーションや図の描写など動きを表現することができます。ぜひご覧ください。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

HTMLのCanvasについて、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

目次

そもそもHTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

アニメーションを作成するタグとその書き方

Canvasはまず、HTML内にcanvasタグを用いてアニメーションを描写する範囲を指定します。

<canvas id="Canvas" width="100" height="100"></canvas>

このように指定することによって、idがCanvasの100×100の大きさのCanvasが作成されます。

この範囲内のみ、アニメーションを描写できます。

実際のアニメーションはこのタグを指定し、JavaScriptで動きを書いていきます。

 

大石ゆかり

canvasタグを書いてみたんですけど、何も表示されないですねー。

田島悠介

HTML5から追加されたもので、グラフィックやアニメーション、ゲームなどが作れるんだ。

大石ゆかり

HTMLでもプログラミングのようなことができるんですか?

田島悠介

HTMLでは、キャンバスの表示領域を指定するだけで、中身にはJavaScriptを使うんだよ。アニメーションの例を見てみよう!

 

実際に書いてみよう

それでは実際にCanvasを利用してアニメーションを作成してみましょう。

今回は、四角形を右から左に動かしていく簡単なサンプルを作成していきます。

JavaScriptでコードを書いていくため、少し難しいかもしれませんが頑張って書いていきましょう。

「sample.html」内で「sample.js」を呼び出すようにしてください。

 

#sample.html

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <script type="text/javascript" src="sample.js"></script>
    <style>
      #canvas{
        background:#999;
      }
    </style>
  </head>
  <body>
    <canvas id="canvas" width="100" height="100"></canvas>
  </body>
</html>

#sample.js

var can = document.getElementById("canvas");
var ctx = can.getContext("2d");

var count = 0;//アニメーションカウンター
var timer = setInterval(function(){
  ctx.fillStyle="#fff";//消去時の色
  ctx.clearRect(0,0,300,300);//消す
  ctx.fillStyle="#f00";//塗りつぶし色を赤に
  ctx.fillRect(30+count,30+count,30,30);
  count++;
  if(count>200){
    clearInterval(timer);
  }
},100);

 

ブラウザの再読み込みボタンをクリックしてください。

赤い四角が左上から右下へゆっくりとアニメーションするのが確認できると思います。

HTMLでは、canvasタグでキャンバスを描写しています。

JavaScript部分ではまず、変数の初期化を行っています。

そのあとrender関数で描写を行い、それを繰り返し呼び出すことで、アニメーションを実現しています。

ここでは簡単な例を示しましたが、より本格的なアニメーションを作成する場合はAdobe Animateなどのツールを利用すると実現できます。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

まとめ

今回はHTMLでアニメーションを作成する方法について解説していきました。

HTMLのみでアニメーションを作成するのは不可能ですが、Canvasを使用すれば、アニメーションを実装できます。

JavaScriptは最初は取っ付きにくいですが、Webデザインをする上で役に立つ知識なので身につけるようにしましょう。

 

大石ゆかり

赤い四角形が動いてる!ゲームみたいですね。ただ、ソースコードが難しいですね。

田島悠介

慣れないと簡単ではないね。getContext関数で、まずは絵を描くための道具箱を持ってきているって考えると良いかも。

大石ゆかり

四角形が動いているのは、どういう仕組みなんですか?

田島悠介

setInterval関数は、ある時間が過ぎるごとに、指定のプログラムを実行できるんだ。時間ごとに、絵をいったん全部消して、四角形を移動させた絵をもう一度書いてるんだよ。JavaScriptは少し難しいね。

 

HTMLを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

HTMLを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのWebデザインコースでは、第一線で活躍する「プロのWebデザイナー」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたWebデザイナーの手厚いサポートを受けながら、オリジナルのWebサイト制作を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役Webデザイナーから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!