【アンケート作りに使える!】Excel(エクセル)のプルダウンリストの作り方

Excel(エクセル)でアンケートなどを作成するときに使用する、プルダウンメニューの作り方を紹介。Excelの使用に苦手意識を持っている初心者の方でも、簡単に作れます!この記事を読んでプルダウンリストの作り方を覚えれば、本格的なアンケート作りができるようになります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

インターネット上でアンケートに答えるとき、▼マークを押すと選択肢が出てきますよね?
実はその選択肢のフォーム、Excel(エクセル)上でも作れるんです!

そこで今回は、選択できる入力フォーム「プルダウンリスト」の作り方を紹介します。

 

なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のExcel(エクセル)講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

プルダウンリストとは

Excelのプルダウンリストとは、下の画像のように、セルを選択して▼(プルダウン)から選択肢を選ぶ入力フォームです。

プルダウンリスト1

アンケートなどでご覧になったことがある方もいらっしゃると思いますが、
実はこれ、とっても簡単に設定することができるんです。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

プルダウンリストの作り方

プルダウンリストの作り方は2通りあります。

⑴シート上に並ぶ文字列をプルダウンメニューに入力する方法

⑵プルダウンメニューに登録する文字列をカンマ区切りで入力する方法

途中までは手順が共通ですので、両方のやりかたを覚えておくと用途で使い分けられて便利です。

それでは、さっそく作り方をご紹介します。

⑴シート上に並ぶ文字列をプルダウンメニューに入力する方法

まず、入力したい文字列のリストをエクセルのシートの中に用意しておきます。
例えば、さきほどの「〇、×、△」のリストであれば、下のような表 ( F2 〜 F4 ) を用意しておきます。

プルダウンリスト2

次に、プルダウンを設定したい範囲を選択した状態 (①) で、[データ]タブ (②) の[データの入力規則](③) をクリックしましょう。

そして、[設定]タブで「入力値の種類」をリスト (④) に設定します。

プルダウンリスト3

リストを選択すると、「元の値」という入力フォームが現れますので、先ほど作ったプルダウン用のリストの範囲を選択 (⑤) しましょう。

入力後、[OK]を押せば、プルダウンリストの完成です!

プルダウンリスト4

複数個所に同じプルダウンリストを設定する場合には、こちらの方法が便利です。

プルダウンリスト5

 

⑵プルダウンメニューに登録する文字列をカンマ区切りで入力する方法

こちらの作り方は、リストの中身を表を作らずに直接入力する方法です。

手順④の「入力値の種類」をリストに設定するところまでは先ほどと同じ手順です。

そのあとの手順⑤のところで、下のように「元の値」の入力フォームにカンマ区切りで入力することで、文字列を登録することができます。

プルダウンリスト6

リストの表を作りたくない・見えないようにしたい場合は、こちらの方法が便利ですね。

プルダウンリスト7
プルダウンリストはアンケートや出欠表など、決まった形式で入力するシートを作る際に便利です。
プルダウンリストを設定するだけで、本格的なアンケートシートにグッと近づきますね。

なお、プルダウンリストを設定したセルは、リストの項目以外の文字列が入力できなくなりますので、注意してくださいね。

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でExcelが使えるようになるオンライン完結のExcel(エクセル)講座を開催しています。Excelを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。