【ワード初心者必見!】超便利なWordのマクロとは

Word(ワード)をまだ使い慣れていないという方向けに、超便利な「マクロ」という機能について解説。マクロは、よく繰り返す操作を自動化できる機能です。難しそうなイメージがありますが、実は簡単に利用できます。画像付きでわかりやすい記事です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Word(ワード)には、「マクロ」という機能があるのですが、皆さん知っていますか?
一度はその言葉を耳にしたことがある方も、多いのではないでしょうか。

「ただでさえWord 自体をよくわかっていないのに、マクロとか全然わからないよ!」
そんなWord 初心者の方のために、今回は、マクロについてわかりやすく紹介します。

皆さんが思っているほど難しくありませんので、ぜひ覚えてください。
なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のWord(ワード)講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

Word のマクロとは

そもそも、マクロとは何でしょうか。
マクロとは、よく繰り返す操作を記録し、自動化できるという、とても便利なプログラムです。
そのプログラムは、VBA などのプロクラミング言語を使って記述します。

では、VBA とは何でしょうか。
正式名称は、「Microsoft Visual Basic for Applications」といいます。
マイクロソフト社の主なアプリケーション(Word や Excel など)で、マクロを機能させるときに使う、プログラミング言語です。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

[開発]タブの表示方法

マクロを利用する際には、[開発]タブを表示させておくと便利です。
※[開発]タブが非表示でも、マクロを利用することは可能ですが、表示させた方が利用しやすいです。

STEP1

下の画像のように、通常の状態では、リボンには[開発]タブが表示されていません。

Wordマクロ1

STEP2

まず、[ファイル]タブをクリックし、[オプション]をクリックします。

Wordマクロ2

STEP3

そうすると、[Word のオプション]ダイアログボックスが表示されます。
[リボンのユーザー設定]をクリックし、[開発]にチェックを入れ、[OK]をクリックしてください。

Wordマクロ3

STEP4

[開発]タブが表示されていることを、しっかり確認しましょう。

Wordマクロ4

 

Word のマクロを有効にする方法

マクロを利用しやすい環境を作ったところで、今度は、マクロを利用できるようにします。

STEP1

まず、[開発]タブをクリックし、[マクロのセキュリティ]をクリックします。

Wordマクロ5

STEP2

そうすると、[セキュリティ センター]ダイアログボックスが表示されます。
[マクロの設定]をクリックし、下の赤い枠の中のいずれかを選択して、[OK]をクリックしてください。

Wordマクロ6

※簡単に、マクロの設定の選択項目について説明します。

よく選択する項目は、

  1. [警告を表示してすべてのマクロを無効にする]
  2. [すべてのマクロを有効にする]

の2つです。

1.[警告を表示してすべてのマクロを無効にする]

「ブックを基本無効で開くが、たまに有効にしたい」というときに選択してください。
この場合、ブックを開くと、下の画像のように表示されます。

Wordマクロ7

有効化したい場合は、[コンテンツの有効化]をクリックします。

ただ、一度有効化をすると、このファイルは次回から自動で有効化されます。
※ファイルをコピー・移動した場合は、再度、確認表示が出ます。

2.[すべてのマクロを有効にする]

一方、こちらは、「常に有効な状態にしたい」ときに選択してください。

 

Word のマクロを記録する方法

マクロを利用して操作を自動化させるためには、まず、その操作を記録させる必要があります。

STEP1

[開発]タブをクリックし、[マクロの記録]をクリックします。

Wordマクロ8

STE2

[マクロの記録]ダイアログボックスが表示されます。

Wordマクロ9

マクロ名は、デフォルトで「Macro1」などと表示されますが、操作内容がわかるような名前にすることをおすすめします。

STEP3

例えば、「マクロの記録」と入力しました。
この操作をマクロで記録させるとします。

Wordマクロ10

STEP4

[記録終了]をクリックします。
これでもう、操作を記録させることができました。

Wordマクロ11

 

Wordのマクロを実行する方法

それでは、記録したマクロを実行してみます。

STEP1

「Word のマクロを記録する方法」の項目で入力した、「マクロの記録」を消してください。

Wordマクロ12

STEP2

[開発]タブをクリックし、[マクロ]をクリックします。

Wordマクロ13

STEP3

そうすると、[マクロ]ダイアログボックスが表示されます。
その中に、先ほど記録した「Macro1」がありますので、[実行]をクリックしてください。

Wordマクロ14

STEP4

確認してみると、自動で「マクロの記録」が入力されているはずです。

Wordマクロ15

 

マクロの記録の裏側

ここまで、マクロの有効設定・記録・実行方法を紹介してきました。
意外と複雑な操作はないことが、わかったのではないでしょうか。

しかし実は、マクロの記録の裏側はとても複雑なのです。
ここからは、少しですが、その裏側を見てみましょう。

STEP1

[開発]タブをクリック→[マクロ]をクリックします。

Wordマクロ16

STEP2

そうすると、[マクロ]ダイアログボックスが表示されます。
[Macro1]を選択し、[編集]をクリックしてください。

Wordマクロ17

STEP3

そうしたら、「VBE」画面が表示されます。
VBE の正式名称は、「Visual Basic Editor」といいます。
Word のマクロで記録されているプログラミングコードの編集画面ですね。

「New Macros」という部分に、「Macro1」のコードが書いてあります。

※Wordには、Excel にあるような「セル」という概念がないので、この場合のコードはそんなに複雑ではありません。
Wordマクロ18
以上、マクロについて紹介しました。

今回は、マクロを利用したことがない方向けの内容でした。
しかし、マクロをさらに応用させれば、条件に応じた処理や繰り返しの処理が自動でできてしまいます!

また、Word のマクロは、Excel のそれほどの拡張性は、ないかもしれません。
ですが、有効活用すれば効率が上がるのは、間違いありません。

まずは、基礎的なマクロの使い方に慣れることが重要です。
ぜひ、いろいろな操作を記録してみて、コードも確認してみてください!

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でWord(ワード)が使えるようになるオンライン完結のWord(ワード)講座を開催しています。Wordを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。