【手紙などに使える!】Word(ワード)で文書を縦書きにする方法

Word(ワード)初心者向けに、Wordで文書を縦書きにする方法を紹介。それだけでなく、縦書き文書内の数字を横書きにする方法も紹介しています。今や横書きが主流ですが、手紙やはがき、論文などを作成するときには、縦書きが使えると良いですね。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

文書を作成するときは、横書きにするのが主流です。
しかし、目上の人への手紙やお礼や謝罪などのあらたまった内容の文書は、今でも縦書きで作成します。

そこで今回は、Word(ワード)で文書を縦書きにする方法を解説していきます。
なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のWord(ワード)講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

Word で文書を縦書きにする方法

Word は、デフォルトの状態では横書きになっているので、縦書きの設定にする必要があります。

まず、上のツールバーの[ページ レイアウト]タブをクリックしましょう。

縦書き1

そうすると、ツールバーが切り替わりますので、[文字列の方向]をクリックします。

縦書き2

[横書き]や[縦書き]などの一覧が表示されるので、[縦書き]をクリックしましょう。
これで、文書を縦書きにすることができます。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

縦書き文書内で横書きの数字などを挿入する方法

縦書き文書内では、半角の数字などが横向きに表示されてしまいます。
ここでは、縦書き文書内で半角の数字などを正しい方向(横書き)で表示する方法を、解説していきます。

まず、横書きにしたい数字などを選択してください。

縦書き3

次に、ツールバーを[ホーム]に切り替え、[拡張方式](下の画像のオレンジ色の「A」のボタン)をクリックしましょう。
そうすると、[縦中横]や[組み文字]などの一覧が表示されるので、[縦中横]をクリックします。

「縦中横」とは、ドラッグした数字などを、全角1文字のスペースに横向きに表示させる方法です。
「縦(書きの)中(で)横(向きに表示させる)」ということですね。

縦書き4

そうすると、[縦中横]ダイアログボックスが表示されるので、プレビューを確認の上で[OK]をクリックしましょう。
これで、縦書きの文書内で横書きの数字を挿入することができます。

縦書き5

他にも、アルファベットなども、「縦中横」の機能を使えば横書きで表示させることができます。
縦書きの文書内に日付けや英単語などを記入する際に、ぜひ活用してくださいね。
以上、Word で縦書きにする方法を紹介しました。
縦書きの方法を覚えたら、手紙やはがき作りに挑戦してみてはいかがですか。

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でWord(ワード)が使えるようになるオンライン完結のWord(ワード)講座を開催しています。Wordを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。