【資料提出で使える!】Word(ワード)文書をPDFファイルに変換する方法

Word(ワード)初心者向けに、Wordの文書をPDFファイルの形式に変換する方法を紹介。ビジネスシーンでは、PDFファイル形式での資料提出を求められることがあるので、仕事で資料を作成する機会が多い方にも、ぜひ読んでもらいたい記事です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

「えっ、『PDF ファイルで送付してください』? 作った文書がWord ファイルなんだけど、どうしよう…」

実は、Word ファイルをPDF ファイルに変更することは、簡単にできてしまいます!
今回は、その変更方法を紹介していきます。
なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のWord(ワード)講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

PDF とは

「Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)」の略で、紙に印刷されるときのイメージをデータとして保存するためのフォーマットです。

Word で作った文章は、開かれるPCの設定によって見え方が変わったり、Word のバージョンが違っていると開けなかったりします。
PDF では、作成したときのレイアウトやフォントが、そのまま保たれます。

また、Adobe Reader などの無料のPDF 閲覧ソフトが広く普及しているため、PC の環境や所有ソフトによらず閲覧することができます。

スマホやタブレット向けのPDF 閲覧アプリもあるため、様々な環境で開けるのが、PDF の強みです。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

PDF として保存する方法

それでは、Word で作成した文書を、PDF として保存してみましょう。

まず、左上の[ファイル]タブを開き、[Adobe PDF として保存]をクリックします。

PDF1

[Adobe PDF ファイルに名前を付けて保存]ダイアログボックスが開くので、保存先のフォルダを指定し、任意のファイル名をつけて、[保存]をクリックしましょう。
このとき、「結果の表示」にチェックを入れておくと、変換されたPDFファイルが自動で開きます。

PDF2

以上で、PDF への変換は完了です。

 

保存時のオプション設定

[保存]の下にある、[オプション]をクリックしてみましょう。

PDF3

ここでは、PDF に変換するときの設定を変更することができます。

例えば、Word で見出しとして設定した項目がPDF のしおりになるように設定するとします。
その場合は、「しおりを作成」と「Wordの見出しをしおりに変換」にチェックを入れ、[OK]をクリックしましょう。

PDF4

Word上で見出しとして設定した部分が、「しおり」に設定されました。
しおりを設定しておくと、1クリックで見たい項目のページにジャンプできるので、とても便利です。

PDF5

他に便利なオプション設定としては、「ページ範囲」の設定があります。
現在のページや、選択範囲、指定したページだけをPDF 保存できますので、長いWord文書の一部だけをメールで送付したいときなどに、ぜひ使ってみてください。
以上、Word ファイルをPDF ファイルに変換する方法をお伝えしました。

意外と簡単だと思いませんでしたか?
これでもう、PDFファイルでの提出を求められたときは何も問題なく対応できますね!

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でWord(ワード)が使えるようになるオンライン完結のWord(ワード)講座を開催しています。Wordを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。