【プレゼンで便利!】パワーポイントで音楽を挿入する方法

パワーポイント(PowerPoint)でスライドに音楽を挿入する方法を解説した記事。初心者向けにスライドに音楽を挿入する方法や、スライド切り替え後も音楽を再生させ続ける方法を、ショートカットキーも合わせて紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Microsoft PowerPointは、ほとんどの企業が採用しているプレゼンテーションソフトです。

今回は、そんなパワーポイント(PowerPoint)のスライドに音楽を挿入する方法を紹介します。

音楽を挿入すれば、いつもと違った印象のプレゼンテーションに変化させることができます。

音楽の使い方はさまざまですので、やり方を覚えて活用されてはいかがでしょうか。

 

なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のPowerPoint(パワーポイント)講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

スライドに音楽を挿入する方法

ここからはあらかじめ用意しておいた音楽ファイルをスライドに挿入する方法を紹介します。

 

オーディオの挿入に進む

「挿入」タブを開いたうえで、「オーディオ」のアイコンにをマウスのポイントをのせます(マウスオーバーします)。

音楽1

マウスオーバーすると、「このコンピューター上のオーディオ」という選択肢がでてきますので、「このコンピューター上のオーディオ」を選択します。

音楽2

 

音楽ファイルを選択する

パワーポイントスライドに挿入したい音楽ファイルを選択します。

音楽3

 

作業の完了

スライドの作業画面に戻り、以下のように、アイコンが付いた状態でオーディオが挿入されています。

こちらで挿入の作業は完了です。

音楽4

スライドに挿入した音楽は、初期設定ではスライドショーで当該スライドに切り替えた際に自動で流れます。

スライドショー中には、「Alt 」+「P」で再生と一時停止を操作することも可能です。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

スライド切り替え後も音楽を再生させ続ける方法

通常では、音楽を挿入したスライドが切り替わると音楽も消えてしまいますが、スライド切り替え後も音楽を流すことができます。

「再生」タブで「スライド切り替え後も再生」をクリックすれば完了です。

音楽5

 

音楽挿入時の注意点

パワーポイントに音楽を挿入するときは、音量に注意してください。

基本的にプレゼンテーション時に音楽が鳴ると思っている方は少ないので、大きな音を出してしまうと、プレゼンテーションの参加者をびっくりさせてしまいます。

プレゼンテーション前に音量は適切か、事前にテストを行ってから利用するようにしてください。

スライドショー中に「Alt 」+ 「↑」と「Alt 」+ 「↓」を押すことで、音量を調整することもできますよ。

 

スライドへの音楽挿入機能を使いこなせば、プレゼンテーションのレベルを格段にアップさせること間違いなしです。

BGMとして、また参考資料として、音楽を用いたスライドを作成してみてはいかがでしょうか。

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でPowerPoint(パワーポイント)が使えるようになるオンライン完結のPowerPoint(パワーポイント)講座を開催しています。PowerPointを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。