【レポート作成に必要!】Word(ワード)でのページ番号の挿入方法

Word(ワード)初心者向けに、Word文書のページ番号の挿入方法を紹介。表紙と目次を除いてページ番号を付ける方法も解説しています。ページ番号は、レポート作成の際に必要です。大学生の方やレポート作成の機会がある方は、ご覧ください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Word(ワード)は、他の Microsoft Office のソフトに比べて、印刷用のドキュメントを作ることが多い傾向にあります。
そのため、ページ番号が入っていると、文書の受け取り側と「〇〇ページ目の〇〇段落目については〜〜〜」のようなコミュニケーションが取りやすくなります。

それでは、Word でページ番号を表示する方法を紹介していきます。

 

なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のWord(ワード)講座の内容をもとに紹介しています。

 

全ページにページ番号を挿入する方法

まずはじめに、[挿入]タブをクリックします。

1

[ページ番号]をクリックしてください。

2

クリック後に表示された選択肢から、ページ番号を表示したい場所と表示したいスタイルを選びましょう。

3

そうすると、選んだ箇所にページ番号が表示されます。

4

 

表紙と目次ページ以外にページ番号を入れる方法

ページ番号を挿入するにも、表紙と目次にはページ番号を入れたくない場合がありますよね。
印刷して配布する資料などは、まさにそれにあたります。

ここでは、本文の始まる最初のページからページ番号を付ける設定を紹介します。

まずはじめに、本文が始まるエリアでクリックをしたうえで、[ページレイアウト]タブをクリックしましょう。

5

[区切り]をクリックし、選択項目から[次のページから開始]を選択します。

6

そうすると、本文が次のページからになります。
次は、本文のエリアをクリックしたうえで、[挿入]タブをクリックしてください。

7

[フッター]をクリックし、選択項目の下部にある[フッターの編集]をクリックします。

8

ここでは、「先頭ページのみ別指定」と「奇数/偶数ページ別指定」のチェックが外れているかを確認し、チェックが入っている場合はチェックを外しましょう。
また、[前と同じヘッダー/フッター]をクリックし、機能をオフにします。

9

その後、[ページ番号]をクリックし、ページ番号を表示する場所とスタイルを選択します。

10

そうすると、文書にページ番号が表示されるようになります。

しかし、まだこの時点では、ページ番号が「1」からスタートしていない状態です。
「1」からスタートさせるために、[ページ番号]の[ページ番号の書式設定]をクリックしてください。

11

表示された[ページ番号の書式]ダイアログボックス内の[連続番号]エリアで、開始番号を「1」に指定しましょう。

12

そうすると、表紙や目次を除いたページから、ページ番号が振られた状態になります。

 

以上、Word 文書のページ番号の付け方を紹介しました。
これからは、レポート作成時にページ番号を付けて、読み手に優しいレポート作りを心がけましょう。

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でWord(ワード)が使えるようになるオンライン完結のWord(ワード)講座を開催しています。Wordを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。