【用途に応じて作ろう!】パワーポイントのスライドを縦にする方法

PowerPoint(パワーポイント)初心者向けに、パワポでスライドを縦向きにする方法を、わかりやすく紹介。「全スライドを縦にする方法」だけでなく、「縦にしたスライドのサイズを変更する方法」や「1枚だけ縦にする方法」なども紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

普段プレゼーションでPowerPoint(パワーポイント)を使うとき、スライドの向きは画面に合わせて横向きですよね。
しかし、用途によっては、縦向きの方がいいこともあります。

そこで今回は、PowerPointのスライドを縦にする方法を紹介します。

 

なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のPowerPoint(パワーポイント)2013講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

スライドを縦にする方法

まずはじめに、[デザイン]タブの[スライドのサイズ]を押します。

すると、[標準(4:3)]や[ワイド画面(16:9)]といった選択項目が表示されますので、[ユーザー設定のスライドのサイズ]を選択してください。

[スライドのサイズ]ダイアログボックスが表示されたら、[スライド]の項目で[縦]を選択し、[OK]を押してください。

そうすると、スライドが縦に表示されます。

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

縦にしたスライドのサイズを変える方法

縦にしたスライドのサイズを変更するには、上記で紹介した[スライドのサイズ]ダイアログボックスを利用します。

下の画像の赤枠の[スライドのサイズ指定]で希望のサイズを選び、[OK]を押すと、スライドのサイズを変えることができますよ。

 

スライドのうち一枚を縦にする方法

別々の PowerPointスライドを、ハイパーリンクという機能で繋げば、あたかも横のスライドに一枚だけ縦のスライドを挟んだように見せることができます。

まずはじめに、縦向きの PowerPointスライドを作成し、名前を付けて保存しておきます。

次に、横向きのスライドにおいて、ハイパーリンクを設定する「しるし」か「テキスト」を作りしょう。

「しるし」を選択した状態で、[挿入]タブの[ハイパーリンク]を押します。

表示される[ハイパーリンクの挿入]ダイアログボックスにある選択項目から、縦の PowerPointファイルを指定して、[OK]を押してください。

次に、縦のファイルから横のファイルに戻るように設定しましょう。
設定は、縦の PowerPointファイルで行います。

縦の PowerPointファイルで、先ほどと同様に、クリックできる「しるし」を作り、「しるし」を選択した状態で[挿入]タブの[動作]をクリックしてください。

[オブジェクトの動作設定]ダイアログボックスが表示されたら、[ハイパーリンク]を押して、選択項目から[その他の PowerPointプレゼンテーション]を選択し、[OK]を押します。

一つ目の PowerPointファイルを見つけたら、それを選択して、[OK]を押します。

[スライドへのハイパーリンク]ダイアログボックスの[スライドタイトル]で、縦のスライドの次に表示したいスライドを選んで、[OK]を押してください。

プレゼンテーションを実行してみると、一枚だけ縦で表示されるはずです。

 

以上、パワーポイントでスライドを縦向きにする方法を紹介しました。

おそらく、全てのスライドを縦にする機会より、1枚だけを縦にしたいという機会の方があると思います。
なのでぜひ、ハイパーリンクを使って縦向きに表示される方法を押さえておきましょう。

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でPowerPoint(パワーポイント)が使えるようになるオンライン完結のPowerPoint(パワーポイント)講座を開催しています。PowerPointを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。