【超効率的!】Excel(エクセル)でデータを並び替える方法

Excel(エクセル)初心者向けに、Excelの文字列や数値などのデータを並び替える方法を、画像付きでわかりやすく紹介。複数列にわたる大量のデータも、意外と簡単に並び替えることができます。Excelで資料を作る機会が多い方、必見です!

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Excel(エクセル)は、データを元に必要な情報を引き出したり、分析したりと、思いのままに操作できる表計算ソフトです。

データの並び替えは、表計算ソフトを活用するための初歩ともいえます。
Excel の基本となる、データの並び替えをマスターしましょう。

 

 

1列に入力されたデータを並び替える方法

B列に入力された当選番号を、数の小さい順に並び替えます。

並び替え1

まず、セルB2 からセルB15 までを選択しましょう。

並び替え2

[データ]タブをクリックして開き、[並べ替えとフィルター]の部分を見てください。
昇順で並び替えたい場合は、[昇順](A→Zのアイコン)を、降順で並び替えたい場合は、[降順](Z→Aのアイコン)を選択します。

下の画像は、昇順で並び替えるときの手順です。

並び替え3

すると、当選番号が小さい順に並び替えられました。

並び替え4

同じように、D列の当選者名を昇順で並び替えてみましょう。

セルD2 からセルD15 までを選択し、[昇順]をクリックして並び替えます。

並び替え5

そうすると、当選者名が五十音順になりました。

漢字は、入力したときの読みで並び替えられます。

並び替え6

このように、対象のデータが1列の場合は、クリック1つで並び替えられます。

 

複数列にわたるデータを並び替える方法

では、複数列にわたるデータはどのように並び替えたらよいか、説明していきます。

例えば、下の画像の表を並び替えるとします。

並び替え7

今回の並び替えの目的は、「地域ごとにどの品番がいちばん売れているかを知る」ことです。
つまり、出荷先地域を昇順で並び替えることを優先し、次に、その地域内で売上高を降順に並び替えるわけです。

まず、表全体を選択し、[データ]タブをクリックして開き、[並べ替えとフィルター]の部分にある[並べ替え]をクリックしてください。

並び替え8

そうすると、[並べ替え]ダイアログボックスが開きます。

「最優先させるキー」の部分は[出荷先地域]を、「並べ替えのキー」の部分はセル内の値をキーにするので[値]を、「順序」の部分は[昇順]を選択しましょう。

次に、[レベルの追加]をクリックし、「次に優先させるキー」を[売上高]、「並べ替えのキー」を[値]、「順序」を[降順]にして、[OK]をクリックしてください。

並び替え9

そうすると、目的通りの並び替えができ、地域ごとに売上の多い品番を読み取れる表を作成することができました。

並び替え10

 

以上、Excelでデータを並び替える方法を紹介しました。
表のデータが大量でも、瞬時に並び替えができるので便利ですね。

また、表は何度でも並び替えが可能です。
その都度、必要な情報を得るための優先キーを設定することで、1つの表から多くの情報を引き出すことができるのです。

ビジネスシーンでは大いに役立つことでしょう。

 

独学に限界を感じたら…テックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 独学に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料で予約する