【知っておこう!】Excel(エクセル)にある「開発タブ」とは

Excel(エクセル)初心者向けに、Excelのリボンにある「開発タブ」について紹介。開発タブについての簡単な説明、できること、開発タブを開いたときに表示される各ボタンの説明、開発タブの表示方法など、わかりやすく画像付きで紹介。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Excel(エクセル)2007 以降、マクロの実行や作成は「開発タブ」にまとめられました。
ところが、「開発タブ」は初期状態では表示されていません。

ここでは、「開発タブ」の概要と表示方法、よく使うコマンドボタンについて説明していきます。

 

なお本記事は、KiRAMEXのオンライン完結のExcel(エクセル)講座の内容をもとに紹介しています。

 

目次

 

開発タブの概要

「開発タブ」には、マクロや VBA(Visual Basic for Applications)に関するコマンドボタンがまとめられています。

「マクロ」とは、Excel で行う連続した手順を登録して自動的に実行する機能のことをいいます。
「VBA」は、マイクロソフト社のプログラミング言語で、マクロは自動的に VBA に変換して保存されます。

VBA を編集するためのアプリケーションを「Visual Basic Editor(VBE)」といい、開発タブから起動できます。

それでは、開発タブでできることを簡単にまとめてみました。

  • 「マクロの記録」機能で、マクロを作成できます。
  • 記録したマクロや既存の VBA を実行できます。
  • Visual Basic Editor(VBE)を起動して、 VBA を編集できます。
  • VBA を利用しやすくするための、コマンドボタン、コンボボックス、チェックボックス、リストボックスなどを自作できます。(これらは、ActiveX コントロール、またはフォームコントロールと呼びます。)

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

開発タブを表示する方法

開発タブの表示は、今から説明する箇所のチェックを入れるだけです。

 

STEP1

[ファイル]タブをクリックします。

1

 

STEP2

[オプション]をクリックしてください。

2

 

STEP3

[リボンのユーザー設定]をクリックしましょう。

3

 

STEP4

「メインタブ」の[開発]チェックボックスにチェックを入れ、[OK]をクリックします。

4

 

STEP5

元のシートに戻ると、リボンの右端に[開発]タブが表示されました。

5

以上で、開発タブの表示方法は完了です。
非表示にしたい場合は、同様に操作して、[開発]チェックボックスのチェックを外してください。

 

開発タブの各ボタンの説明

開発タブのボタンのうち、よく使うボタンについて説明します。

6

 

[Visual Basic]

Visual Basic Editor を起動します。
VBA の編集を行います。

 

[マクロ]

登録されているマクロを一覧で確認できます。
また、選択したマクロの編集や実行をします。

 

[マクロの記録]/[相対参照で記録]

マクロを記録します。
また、相対参照で記録することもできます。

 

[挿入]

ActiveX コントロールやフォームコントロールを挿入します。

 

[デザインモード]

デザインモードの ON/OFF を切り替えます。
ON にすると、ActiveX コントロールを編集できるようになります。

 

マクロを利用すると、エクセルの操作がより快適になります。
エクセルの作業中、繰り返し同じ作業をしていることに気付いたら、その部分を「マクロの記録」で登録しておくだけで、何度でも呼び出して操作することができます。

「開発タブ」を表示できるようになったあなたは、もうマクロへの第一歩を踏み出したも同然!
さあチャレンジしてみましょう。

[お知らせ]KiRAMEXでは初心者でも最短4週間でExcelが使えるようになるオンライン完結のExcel(エクセル)講座を開催しています。Excelを仕事に活かしたい方はぜひご覧ください。