副業で40万円の案件も!なぜムークリ生は高単価で受注できるのか?

動画制作で副業するムークリ卒業生のインタビュー。

営業職をしながら、40万円の動画制作案件をこなせる副業クリエイターに成長。

そんな彼はムークリで何を学んだのか?

SUMALLY

・営業の仕事以外で、収入の柱がほしいと感じていた。
・実践的なカリキュラムだと確信し、ムークリ入学を決意。
・40万円の案件もこなせる副業動画クリエイターに!

STUDENT DATA

早野 光平 さん

一般企業の営業職を勤めながら、
動画クリエイターとして絶賛副業中!

MOVIE

早野さんの卒業制作

INTERVIEW

本業以外の収入を求めて動画の道へ

―― では、最初に早野さんが動画クリエイターを目指したきっかけを教えてください!

早野:音楽活動をしていた時期があって、その音楽のミュージックビデオを人に頼むのではなくて、自分で制作してみたいなと思ったのが始まりですね。

加えて、今は営業職なのですが、本業以外で収入が欲しいとも感じていました。
調べてみたら、動画広告市場の規模が伸びていたので、動画クリエイターを目指すことにしました!

 

―― いろんなスクールがある中で、ムークリを選んだ理由はなんでしょう?

早野:僕がムークリを選んだ理由は本当にひとつしかなくて、実践的なカリキュラムだと確信できたことですね。
ツールの操作方法だけじゃなくて、実際のWebCMを題材にして、その中で使われているスキルを一つずつ抽出して習得できることを個別相談会で教えていただきました。
「とにかく実践形式で学べる」っていうところが一番の決め手になりましたね!

―― 実践的なカリキュラムはムークリのこだわりポイントの1つなので嬉しいです!
ぶっちゃけ、実際はどうでした?

早野:実践的でした!
特に、After Effectsのカリキュラムがすごく充実していました。
After Effectsができると、受注する案件の単価をすごく高くできるんですよね!

―― そうですね、安定して副収入を得ることもできます!

 

早野:しかも、いきなり難しいことをやらされるのではなくて、できる範囲で徐々に難易度を上げていって、気付けば自分ができるようになっていくという進め方でした。
なので、初学者の僕にもとっつきやすいのがすごくよかったですね。

―― いきなり難しいことやっちゃうと挫折しますからね。
全くの未経験でも楽しく習得できるようにしています!
「スキルが身についたな」という実感はありますか?

早野:電車に乗っていて広告を見ていると、「After Effectsを使っているよね」という映像が結構あるんです。
それを見たときに「自分もこれ作れるじゃん」と思って、見よう見まねで作ってみたりしています。
電車以外にも、道端でよく見かける映像ってAfter Effectsを使っていることが多いんです。
そういう実際に世の中に出ている映像を作れるようになったのは、スキルが付いたなと実感するポイントですし、入学してよかったと思うところです!

―― 素敵ですね!そこまで身に付くと受注できる案件の幅がグッと広がりますよね。
早野さんがまじめに授業と課題に取り組んで、わからないところは講師にちゃんと質問して、ムークリを最大限活用した成果だと思います!

大手スクールとの違いはリアルタイムの対面授業

―― ムークリでのリアルタイムの対面授業はどう感じましたか?
早野:リアルタイムで先生から直接教えてもらえるのは本当によかったです。
実際にソフトをいじっていく中で少しずつ分からないことは減ってくるものの、学びたての頃って、ちょっとミスするとどう修復したらいいか分からないことがよく起きます。

本当に小さなミスや疑問でも、先生が近くにいてくれるとその場で解決できるんですよね!
そして、授業回数を重ねてレベルの高い質問をしたときには、自分が欲しい情報が明確に伝わって、即座にその解決の糸口を提案してくれます。
リアルタイムで授業を受けられることは、他の動画編集スクールにはないムークリの一番の特徴かつ、おすすめしたいポイントですね。

ーー しっかり意図が伝わって問題が解決できると、モチベーションが上がるので、学習が楽しくなりますよね!

 

早野:大手スクールさんなんかはビデオ学習がメインですが、それだと一人になりがちだと思うんですよね。
質問したいなと思ってもすぐにできなかったり、回答に時間がかかったりするので、独学のようになっちゃいそうで。

ーー それだと効率的じゃないですよね。

早野:そうですね。
リアルタイムの授業だと、先生と直接話し合いができる、かつ同じ志を持ったクラスメイトと会話もできます。
自分がする質問以外にも「クラスメイトはこういうところで困ってるんだ」とか、「こういう質問をしているのか」とか、そういった想定外の意見を聞けて、それがどんどん自分の知識に繋がるので、成長のスピードが違うと思います。

リアルタイム授業のデメリットを強いて挙げるとしたら、職場から教室までの所要時間が1時間あったので、その時間だけなくなったら最高でしたね笑
ただ、それ以外は正直リアルタイム授業のデメリットはないと思います。

―― リアルタイムの授業が早野さんにはすごく合っていたんですね。
ちなみに今のムークリはオンラインでもリアルタイムで授業が受けられるので、移動時間が気になる方でも懸念なく受講できるようになっています!

自由な時間を使って副業に取り組む

―― ムークリ卒業後の今、どういう風に動画制作に携わっていますか?

早野:もともと副業をしたくて入学したので、副業として動画制作に携わっています!

―― 副業動画クリエイターですね!

早野:です!
「インフォグラフィックス」と言われる、データや図表を使ってサービス紹介を分かりやすくする動画のジャンルがありまして、それに特化した動画制作をしています。

早野さんが卒業制作で作ったインフォグラフィックス動画

 

―― インフォグラフィックスはAfter Effectsメインで作るので、ムークリのカリキュラムがぴたりハマるジャンルですね!案件の単価も高いですし笑
案件はどう受注しているんでしょうか?

早野:僕の案件のとり方は大きく3つあって、1つはココナラとかランサーズのようなクラウドソーシングサービスを使って営業活動をするパターン。
2つめは、友人が会社を経営していたりするので、友人から紹介してもらうパターン。
3つめはムークリ卒業生ということもあって、先生たちに「案件ありますか」みたいに直接聞いて受注していますね笑

―― 3つめはムークリならではですね笑
会社員として、平日のお昼はお仕事をされていると思うんですが、どう時間を使って副業をしてるんでしょう?

早野:僕が今働いている仕事はそんなに残業がない会社なので、朝8時から夜7時ぐらいまでは普通のサラリーマンとして働いて、夜7時以降がフリーの時間です。
副業するときは、平日の夜7時から夜11時ぐらいまでの4時間や、仕事が休みの土日に作業しています!

 

―― その時間で、月にどれくらい案件に取り組んでいますか?

早野:制作する動画のボリュームによって変わるんですが、月に1~4本くらいです。
尺が10秒くらいの簡単なものだったらひと月に3~4本ほどですけれど、5分近くの重めの動画になると、1ヶ月に1本できれば充分かなというイメージですね。

―― 案件の難易度とか量によって変わってきますよね。
ちょっと突っ込んだ質問になっちゃいますが、平均で月どれぐらい動画制作で副収入を得られていますか?

早野:案件の単価からお話すると、1本5,000円 ✕ 3本で15,000円くらいのときもあれば、1本35万~40万円くらいのときもあります。
なので、案件のボリュームによって浮き沈みがすごくありますね笑
動画の尺が長くて、After Effectsを使ったアニメーションが多いと単価が上がります。

―― 受注する案件を抑えて、簡単な動画制作だけするときは数万円。
時間をかけて取り組めるときは、数十万円の月もある。
幅はあるものの、しっかり動画制作に取り組めば、平均すると月に数万円は副業でも全然稼げる金額感かなという感じですかね!

それでは、今日のインタビューとしては終了とさせてもらいます。
入学を検討中の方にも、通っている生徒さんにもモチベを提供できる素敵なお話だったと思います!
本日はありがとうございました!

早野:ありがとうございました!

 

ムークリでは、早野さんのように動画クリエイターとして副業を実現した卒業生が多くいます。

平均で5~10万円の副収入を得ている方も、副業から初めてフリーランスになった方もいます!

「動画クリエイターとして副業したい!」という熱い想いをお持ちの方は、ぜひムークリをご検討ください。

超実践型のカリキュラムと、現役クリエイター講師の密な指導で、完全未経験でも挫折することなく、5ヶ月で副業ができるレベルまで動画制作スキルが引き上がります!

講師やOB(卒業生)とオンラインでゆるっとお話できる機会もセッティングできます。

ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ