意外と簡単?Photoshopで画像を切り抜く方法

Adobe Photoshop(フォトショップ)を使って「画像を切り抜く(トリミング)方法」を紹介する記事です。自動選択ツールやペンツールを使った切り抜き方法や、人物の写真を使って髪の毛など細かいところまで切り抜ける方法を紹介します。

初心者の方でもAdobe Photoshopの使い方がわかる記事です。

Photoshopでは写真を切り抜いて加工することができるので、これが使えるようになると便利です。この記事を見ながらぜひ試してみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのPhotoshopのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

目次

 

自動選択ツールを使った切り抜き

ある程度コントラストがはっきりしているものは自動選択ツールを使用するとすぐに切り抜きを行うことができます。

ps_cr_p_1

 

画像が背景レイヤーの場合はレイヤーを右クリックし、「背景からレイヤーへ」を選択します。

ps_cr_p_2

 

次に左メニューから以下のアイコンを右クリックし、「自動選択ツール」を選択します。

ps_cr_p_3r

 

画面内の、切り抜きたい部分以外の箇所でクリックします。(切り抜く対象の方が単色で選びやすい場合はそちらをクリックし、上メニューの「選択範囲」から「選択範囲を反転」を選びます。)

ps_cr_p_4

 

このとき「許容値」の値が大きいほど自動選択される範囲が広くなり、小さいほど狭くなります。

ps_cr_p_19

 

選択範囲が作成されたら上メニューの「編集」から「消去」を選択します。

ps_cr_p_5

 

切り抜く対象以外の部分が透過の状態になりました。

ps_cr_p_6
 

PR

ペンツールを使った切り抜き

周囲とのコントラストがはっきりしていない場合や自由な形の切り抜きを行うときは、ペンツールを使用した方法が有効です。

ps_cr_p_7

 

先ほどと同様に画像が背景レイヤーの場合はレイヤーを右クリックし、「背景からレイヤーへ」を選択します。

ps_cr_p_8

 

以下のアイコンを右クリックし、「ペンツール」を選択します。

ps_cr_p_9r

 

以下のメニューから「パス」を選択します。

ps_cr_p_10

 

切り抜きの対象に沿ってクリックし、アンカーポイントを追加していきます。このとき、対象の少し内側を選択していくときれいに切り抜くことができます。

ps_cr_p_11

 

対象をパスで囲みました。

ps_cr_p_12

 

次に、右下のレイヤーが表示されているメニューから「パス」のタブを選択します。(「パス」のタブが表示されていない場合は、上メニューの「ウィンドウ」から「パス」を選択します)

ps_cr_p_13

 

下の「パスを選択範囲として読み込む」アイコンをクリックします。

ps_cr_p_14

 

対象に沿って選択範囲が作成されました。

ps_cr_p_15

 

上メニューの「選択範囲」から「選択範囲を反転」をクリックします。

ps_cr_p_16

 

上メニューの「編集」から「消去」を選択します。

ps_cr_p_17

 

切り抜く対象以外の部分が透過の状態になりました。

ps_cr_p_18
 

「境界線を調整」機能を使った切り抜き

PhotoShop CS5から追加された「境界線を調整」という機能を使うことで、比較的簡単にPhotoshopで写真の人物だけを切り抜くことが可能です。

photoshop_c_1

 

ツールパネルの選択ツールアイコンを右クリックし、「クイック選択ツール」を選びます。

photoshop_c_2

 

選択したい部分を内側からドラッグすると自動で選択範囲が作成されます。

はみ出した部分はAltを押しながらドラッグすることで解除できます。

photoshop_c_3

 

下の画像のように選択したいものが離れて複数ある場合は、Shiftを押しながらドラッグすることで同時選択することが可能です。

photoshop_c_4

 

また、選択範囲の追加と削除は、上のメニューからツールアイコンをクリックすることで切り替えることもできます。

photoshop_c_4_2

 

サンプルの画像で切り取る部分を選択した状態です。

ここから髪の毛の部分も切り抜きますが、詳しくは、Photoshopで髪の毛を綺麗に切り抜く方法をご覧ください。

photoshop_c_5

 

下のメニューより「境界線を調整」をクリックします。

photoshop_c_6

 

「表示モード」で「白黒」にします。

ここで見ると、髪の毛やまつ毛などの細かい部分が選択されていないのがわかります。

photoshop_c_7

 

次に、同じように「表示モード」から「レイヤー上」をダブルクリックします。

photoshop_c_8

 

「スマート半径」を選択し、大きさを調整します。

photoshop_c_9

 

髪の毛に沿ってドラッグします。(髪の毛以外の部分がドラッグしたあと、見えなくなりますが問題ありません)

photoshop_c_10

 

まつ毛の部分も同様にドラッグします。

photoshop_c_11

 

もう一度「表示モード」の「白黒」で見てみると、先ほどと違って細かい部分が追加されていることがわかります。

photoshop_c_12

 

「出力先」から「新規ドキュメント」を選びOKを押します。

photoshop_c_13

 

人物の部分だけ切り抜きされ、背景がと透明の画像が新規に作成されます。まわりの白と灰色の模様は透過(透明)の状態(なにも描かれていない状態)です。

photoshop_c_14

 

レイヤーを新規追加します。

ここでは「背景レイヤー」という名前にしています。

photoshop_c_14_2

 

レイヤーの順番を入れ替えます。(背景レイヤーが下になるようにします)

photoshop_c_14_3

 

「背景レイヤー」をツールパネルの「塗りつぶしツール」で塗りつぶしてみると、髪の毛などの細かい部分も切り取られているのが分かります。

photoshop_c_14_4

 

あとは背景レイヤーを変更することで自由に編集が可能です。

photoshop_c_15

 

いかがでしたか?

ぜひバナー作成などにチャレンジしてみてください。

Photoshopで文字を加工する方法の記事も公開しているので、初心者の方はあわせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。Photoshopを使った画像加工も学ぶことができます。